ファッション

「ゴルチエ パリ」2015年春夏オートクチュール ウェディングに込めた61通りの「イエス」

 ジャンポール ゴルチエは、38年間続けたプレタポルテのビジネスを2014−15年秋冬コレクションを最後に終了した。今後はオートクチュール「ゴルチエ パリ(GAUlTIER PARIS)」に専念する。新体制での2015年春夏オートクチュール・コレクションには変わらず多くのセレブリティーが集まり、ナオミ・キャンベルをはじめとする大御所モデルたちがランウエイを盛り上げた。

 テーマは「61通りのイエス」。「イエス」は結婚式での誓いを指し、その言葉通り全ルックをウエディングでまとめた。その内容は、完璧なドレスやタキシードを仕立てるオートクチュールのアトリエの存在を改めて見せつけるもの。同時に、相反するもの、異なるものをひとつに融合し新しいスタイルを生み出してきたゴルチエのスタイルを象徴している。異質を受け入れ「イエス」と、肯定だけを繰り返す前向きなメッセージもまた、ゴルチエらしい。

 ファーストルックは真っ白なチュールの花のドレスの花嫁。ただし彼女がはいているのは、白いメンズのブリーフだ。ヘアには大量のヘアカーラーを巻き付けている。続くルックのほとんどが左右や前後、中と外のデザインが異なり、メンズとウィメンズの要素が共存する。半身が黒のタキシードで半身が白いチュールのドレス、ドレス感覚で着る流れるようなシルエットのサテンのパンツスーツなど。レザーとシフォンなど硬柔織り交ぜた素材使いも目立つ。ジェンダーレスでクチュール。少しのアイロニーと笑い。生粋のパリジャンであるゴルチエの美意識が凝縮されたコレクションに拍手が送られた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら