ファッション

“世界一ファッショナブルなサッカークラブ” ベネチアFCが新ユニホームを発表

イタリアのプロフットボールリーグ・セリエBに所属するベネチアFCが、8月から開幕する2023-24シーズンのホームユニホームを発表した。価格は100ユーロ~(約1万5500円)で、現在クラブの公式オンラインストアなどで販売中だ。

今シーズンは、クラブが拠点とするベネチアの芸術や文化にオマージュを捧げ、地元の著名建築家カルロ・スカルパ(Carlo Scarpa)が手掛けたクエリーニ スタンパリア財団の建築に着想。光沢感のあるブラックをベースに、エンブレムやサプライヤーを手掛ける「カッパ(KAPPA)」のロゴ、襟、袖などアクセントカラーとしてゴールドを随所に配色し、前身頃の中央にはクラブカラーのオレンジとグリーンのストライプをあしらっている。なお、ロングスリーブのユニホームは、袖のデザインがゴールドではなくオレンジとグリーンのストライプだ。

ベネチアFCは、21年に20年ぶりのセリエA昇格を果たしたことをきっかけに、ユニホームのサプライヤーを「ナイキ(NIKE)」から「カッパ」に変更。同時に、「シュプリーム(SUPREME)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」を顧客に持つドイツ・ミュンヘンのデザインスタジオ、ビューロー・ボルシェ(Bureau Borsche)がデザインを担当するようになると、その高いデザイン性がすぐに話題となり、数万枚を売り上げた。そのうち95%がイタリア国外からの購入だったという。以降、“世界で最もファッショナブルなクラブ”と称されるようになり、新作は即完売するだけでなく、21-22シーズンのユニホームは二次流通市場で元値の数倍近い高値で取り引きされている。また、一般的なクラブはイメージビジュアルに所属選手が登場することが多いが、ベネチアFCはプロの女性モデルを起用するなど、ファッションブランドのようなマーケティングでも注目を集めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。