ファッション

「カッパ」の新ファッションラインが国内主要セレクトで販売

 イタリア発のスポーツブランド「カッパ(KAPPA)」の、ハイエンドなファッションライン「カッパ コントロール(KAPPA KONTROLL)」が2017-18年秋冬シーズンに日本で発売する。新ラインは17年春夏に始動し、イタリアのストリートウエアブランド「スラム ジャム(SLAM JAM)」とライセンス契約を結んで共同開発している。背中合わせの男女をモチーフにした“オミニ”ロゴを大々的に配したトラックスーツ、Tシャツ、スエットなどを、ヨーロッパを中心に10カ国、約40店舗で販売中。日本初上陸となる17-18年秋冬は、デニムジャケットやベンチジャケットなどのアウターも登場する。価格帯はジャケット2万3000~4万9000円、トップス1万3000~1万9000円、Tシャツ8800~1万円、ボトムス1万7000~2万4000円。インターナショナルギャラリー ビームス、アダム エ ロペ、エディフィス、LHP、クレオパトラ、1LDK AOYAMA HOTELなどで販売を予定している。

 「カッパ」は1956年にイタリア・トリノで創業し、日本ではサッカーやゴルフが中心の品ぞろえ。17年春夏には「ゴーシャ ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」とのコラボで話題になった。国内の販売はフェニックスが行っているが、「カッパ コントロール」は本国主導となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら