ファッション

「セルジオ ロッシ」のリカルド・シュットCEOが退任 「ウォルフォード」のCOOが暫定CEOに

イタリアのシューズブランド「セルジオ ロッシ(SERGIO ROSSI)」のリカルド・シュット(Riccardo Sciutto)最高経営責任者(CEO)が退任した。後任として、オーストリアのレッグウエア「ウォルフォード(WOLFORD)」のポール・コルヴァ(Paul Kotrba)最高執行責任者(COO)が暫定CEOに就任した。

両ブランドは、いずれもランバン グループ(LANVIN GROUP)の傘下。コルヴァ暫定CEOは、「ウォルフォード」ではITやオペレーションの効率化や全社的な構造改革などを行い、黒字化計画を策定した。今後、「セルジオ ロッシ」の暫定CEOとして、小売りおよび卸のグローバルビジネス拡大に向けた指揮を取るとともに、新たなマーケットへのEC開拓や日本市場でのポジション強化に加え、急成長する中国ではブランドの存在感をさらに高めるべくサポートする。コルヴァ暫定CEOは、「海外の販売網を精査して質を高め、顧客に真のイタリアンラグジュアリーのフットウエアブランドを体感してもらえるよう尽力したい」と意気込む。

オーストリア出身のコルヴァ暫定CEOは、ニューヨークで15年以上、「ダナ キャラン ニューヨーク(DONNA KARAN NEW YORK)」と「DKNY」のグローバルセールスと事業開発を担当。その後、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)系の投資会社、Lキャタルトン(L CATTERTON)が擁するオーストラリアの大手水着ブランド「シーフォリー(SEAFOLLY)」のCEOを務め、「ウォルフォード」に入社した。

シュット前CEOは、伊ジュエリーブランド「ドド(DODO)」、トッズ・グループ(TOD'S GROUP)の「ホーガン(HOGAN)」などで要職を歴任。ケリング(KERING)が15年に「セルジオ ロッシ」の全株式を英投資会社インベストインダストリアル(INVESTINDUSTRIAL)に売却した後の16年4月にCEOに就任した。ブランド改革に乗り出して間もなく、17年春夏シーズンには人気コレクション“エスアールワン(SR1)“をスタートさせたほか、18年にはオムニチャネルプロジェクトに着手するなど経営手腕を発揮。日本と中国を中心に、アジアが主要マーケットとなった。製造拠点の伊サン・マウロ・パスコリにある自社工場を刷新しつつも、創業デザイナーのセルジオ・ロッシのアイデンティティーを継承し、7000足以上ものアーカイブを再解釈した。

21年には、中国の投資会社フォースン ファッション グループ(FOSUN FASHION GROUP、現ランバン グループ)が「セルジオ ロッシ」を買収し完全子会社化。22年1月には、同ブランドのアーティスティック・ディレクターにエヴァンジェリー・スミルニォタキ(Evengelie Smyrniotaki)が就任。また、同年にランバン グループが特別買収目的会社(Special Purpose Acquisition Corporation、SPAC)のプリマベーラ キャピタル アクイジション コープ(PRIMAVERA CAPITAL ACQUISITION CORP.)と合併し、ニューヨーク証券取引所に上場した。

ランバン グループの22年度の売上高は、前期比37%増の4億2200万ユーロ(約620億3400万円)と好調だった。「セルジオ ロッシ」の買収が追い風となった。なお、同ブランドは世界に63店舗を構え、22年の売上高は6190万ユーロ(約90億9930万円)だった。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。