ファッション

東コレ全ショーを総力リポート! 1日目は鮮烈デビューの「コッキ」や「チカ キサダ」圧巻のバレエショーなど

 3月13日に2023-24年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」が開幕しました。18日までの6日間で、全58ブランドがコレクションを披露します。ここでは、取材チームの記者2人が、全43ブランドのファッションショーをリポート。初日は鮮烈なデビューショーを見せた「コッキ(KHOKI)」や圧巻の「チカキサダ(SHIKA KISADA)」など6ブランドが登場しました。

3月13日(月)
11:00「イレニサ(IRENISA)」

 今季のオープニングを飾ったのは「イレニサ(IRENISA)」。「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」でパタンナーとして経験を積んだ小林祐と、「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」で企画、生産、デザインなどを担当した安倍悠治のデザイナーデュオが手掛けるメンズブランドです。昨年夏に、東京都とJFWOが共催する「東京ファッションアワード(TOKYO FASHION AWARD以下、TFA)」の第8回受賞者に選出され、今回ブランド初のショーを行いました。会場は東コレのメイン会場である渋谷ヒカリエのホールA。パイプ椅子とスポットライトのシンプルな演出で、ブランドが得意とするクラシカルなリアルクローズを披露しました。決して派手さはないのですが、オリジナル生地のクオリティーが高かったり、日本ならではの染め技法を使っていたり、パターンワークが絶妙にアレンジされていたりと、キャリアに裏打ちされたテクニックが光ります。フィナーレでは、小林デザイナーが満面の笑みで、安倍デザイナーはクールな表情で挨拶し、その対照的なキャラクターも印象に残りました。詳しくは別記事のショーリポートをチェックしてください!(美濃島)

14:00 「ユェチ・チ(YUEQI QI)」

 新宿にある昭和レトロな純喫茶、珈琲西武でショーを開催したのは、中国・広州を拠点にする「ユェチ・チ(YUEQI QI)」。「グッチ(GUCCI)」のコラボプロジェクトへの参加やLVMHプライズへのノミネート経歴もある中国の気鋭デザイナーです。ショーは、惑星のプリントや渦巻きのモチーフ、ラメ入りのニットウエアなど、過去や未来をミックスしたレトロフューチャリスティックなムードに溢れていました。ブランドが得意とするスパンコールをあしらったヘッドピースやブーツもゴージャスで華やか。アーティストの河野富広によるウィッグもパンチが効いています。また、3日前に妊娠を発表したばかりのコムアイさんもモデルとして登場!膨らんだお腹にグリッターをのせて、シースルーのクロップドトップスにスラッシュパンツでクールにキメていました。日本での初のショーで強いインパクトを残しました!(大杉)

15:00「ディー・ナート・アンプタ(D. NART. AMPTA)」

 渋谷ヒカリエとともに東コレのメイン会場に指定されているのが、表参道ヒルズの地下にあるイベントスペース「スペースオー」です。ここでショーを行った「ディー・ナート・アンプタ(D. NART. AMPTA)」は、1998年生まれの大縫理央デザイナーが昨年立ち上げたブランド。新潟出身の大縫デザイナーは、同県の国際トータルファッション専門学校卒業後、国内のコレクションブランドでモデリストやグラフィックデザイナーとして活動し、23年春夏シーズンにブランドを立ち上げました。「根っからの裏原ファン」と語る大繍デザイナーは今回、ルーツであるストリートファッションと、ショーならではのモードという2つを探求。グレンチェックのジャケットやダメージニットなどを軸としたパンクスタイルと、炎や植物などをモチーフとしたような独創的なドレスを披露しました。会場には若い来場者も多く、若さ溢れるエネルギーを感じました。(美濃島)

16:00「セヴシグ(SEVESKIG)

 長野剛識デザイナーが手掛ける「セヴシグ(SEVESKIG)」は、渋谷パルコ屋上のルーフトップパークで初のショーを行いました。設立から10周年を迎えたブランドの節目であり、ウィメンズライン”アンディサイデッド(UN)DECIDED)”の披露も兼ねた特別なシーズン。人類滅亡を予言しているというネイティブ・アメリカンのホピ族から着想を得たコレクションは、ネルシャツやデニム、民族柄などをミックスして、エキゾチックな日常着にまとめています。ランウエイには大きなウルフドッグ(狼犬)が登場!「終末の扉を閉じると言われる”コヨーテ”を本当は歩かせたかったが、日本では手配が難しかったので……狼に一番近いウルフドッグにしました(笑)」と長野デザイナー。また、今敏監督による長編アニメ映画「パプリカ」とのコラボレーションで、劇中のシーンをプリントしたアウターなども目を引きました。ショーでは、ARアプリを使うと映画「パプリカ」に登場する市松人形や有象無象のパレードなどが浮かび上がる仕掛けもあり、近未来を感じさせるリアルとデジタルの融合にもチャレンジ。パルコとの協業により、同館地下1階のミュージックバー「クアトロラボ(QUATTRO LABO)」では3月13~18日に「セヴシグ」と「パプリカ」のコラボグッズを販売し、購入者にはNFTをプレゼントする予定だとか。情報がてんこ盛りですが、終末からの新しい始まりを予感させるクリエイションをポップに明るく見せてくれた、満足度の高いショーでした。(大杉)

18:00「コッキ(KHOKI)」

 「イレニサ」と同じく「TFA」受賞者の「コッキ(KHOKI)」には、いい意味で大きく裏切られました!会場の渋谷ヒカリエ ホールAには大きなカーテンが架かり、子ども部屋のようなファンタジーな空間が広がります。ランウエイを歩くモデルたちは悪魔のようなツノが生えていたり、魔女のような特大のハットを被ったりと、おとぎ話のような世界観です。一方で、パッチワークを施したデニムジャケットや、ウズベキスタンなどに伝わる伝統柄“スザニ“をモチーフにしたカーディガンなどの温かみのあるアイテムも健在。ショーを意識したクリエイションに振り切ったコレクションに、この日最大のインパクトを受けました。こちらも単体でリポートをアップ予定です!(美濃島)

19:00 「チカ キサダ(CHIKA KISADA)

 「チカ キサダ(CHIKA KISADA)」は、楽天の支援プロジェクト「バイアール(by R)」により約6年ぶりに東京でのショーを開催しました。幾左田千佳デザイナーのルーツであるバレエの美しさと、ダンサーの肉体美や強い精神性を感じさせる、パワフルな舞台を見せてくれました。バレエダンサーの二山治雄と、オーケストラ、オペラ歌手によるパフォーマンスと共に、ランウエイモデルが登場。美しくストイックな演出に、グッと引き込まれました。ショーを見ていて気になったのは、毎シーズン必ず登場するブランドカラーのピンクが見当たらなかったこと。今季は霧をイメージしたというベージュやグレー、モーヴなどのスモーキーなカラーで構成されていたんです。でも、ショーを振り返るとあのモーヴピンクが幾左田デザイナーが表現するピンクだったのかと納得。もっと考察して、後ほど単独リポートも公開しますので、ぜひそちらも読んでいただけたらうれしいです!(大杉)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。