ビューティ

「アンプリチュード」「イトリン」ブランド終了 特別損失約8億円

 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)は3月6日、グループ傘下のACROが展開する「アンプリチュード(AMPLITUDE)」と「イトリン(ITRIM)」を2023年中を目処に終了すると発表した。順次、店舗の退店やECサイトでの販売を終了する予定。ブランドの終了に伴う23年12月期連結業績への影響については、特別損失約8億円の発生を見込む。

 「アンプリチュード」と「イトリン」は、総合メンズブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」とともに、ACROが創業10周年を迎えた18年の9月にブランドを開始。ポーラ・オルビスHDのビューティケア事業育成ブランドとして、国内の百貨店を中心に事業を展開していた。これまで成長に向けた施策を実施してきたが、業績は計画を下回っており、今後の事業継続に利点を見出すことは困難だと判断。同HDが創業100周年を控える29年を見据えたビジョンに向けて、推し進めていた化粧品事業部のブランドポートフォリオの改革の一環として、今回のブランド終了に至った。

 「アンプリチュード」は、RUMIKOクリエイティブディレクターが手がける大人女性をターゲットにしたラグジュアリーメイクブランドとして誕生。女性たちに向けて“第2章”の始まりにふさわしい、大人の女性に自信を与えるブランドとしてベースメイクやカラーメイクを展開してきた。

 「イトリン」は、日本古来の植物を採用し、肌だけでなく、感情をも潤す“真正の美”を目指すプレミアムオーガニックスキンケアブランドとして誕生した。石橋寧ACROファウンダー&ブランドアドバイザーがブランドプロデューサーを務め「植物は化学に勝てるかを念頭に置き開発した」。現在、4ラインのスキンケアを展開する。

 ACROは21年8月、同社が運営する「THREE」と「アンプリチュード」の公式オンラインショップで第三者による不正アクセスを受け、顧客情報は合計約10万件が流出。再発防止策の一環として、当該公式オンラインショップで使用していたサーバやシステムを全て破棄し、ECサイトを停止していた(22年4月下旬から再開)。22年12月期連結決算のACROの売上高は前期比13.4%減の73億円だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。