ファッション

「コーヘン」2016-17年秋冬東京コレクション

REPORT

初のインスタレーションで山形の技術を発信

「東京ファッションアワード」受賞ブランドの中で唯一、山形の米富繊維が手掛けるファクトリーブランドとしてコレクションを発表した。渋谷ヒカリエのホールBで行ったインスタレーションでは、空間を美術館のように見立て、工場の写真や映像、過去のコレクション、ボタンや素材などのパーツを展示した。

 インスタレーションには、3人のモデルが登場し2016-17年秋冬の最新コレクションを着用。カラフルでバリエーション豊富な糸から、すべてオリジナルの織物のように見えるニット「交編」の技術を使った生地“ニットツイード”を使用したジャケットのセットアップやネイティブアメリカン柄のニットコートなど、自社工場だからこそできる素材開発を強みに、精度の高いアイテムが登場した。米富繊維の社長でもある、「コーヘン」の大江健デザイナーは、「日本では、海外のファクトリーブランドは人気だが、日本のファクトリーブランドはあまり知られていない。山形のモノ作りの現場から“新しさ”を発信していきたい」と語る。

 すでに国内60社、海外15社ほどの卸先があるが、同アワードを機にさらに国内外でブランドの知名度を上げ、ビジネスにもつなげていく。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。