ファッション

「グッチ」新章の幕開け ミケーレ退任後初のショーは大胆な路線変更

 「グッチ(GUCCI)」は、ミラノ・メンズ・ファッション・ウイークに参加し、2023-24年秋冬メンズ・コレクションを現地時間13日に披露した。昨年11月に、クリエイティブ・ディレクターを7年務めたアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が退任して初めてのショーとなるため、クリエイションは前任の世界観を継承するのかどうか、後任発表はあるのかなど、さまざまな角度から注目が集まった。

 円形のランウエイに囲まれたステージ中央には、バンドセットを設置。アメリカ人ギタリストのマーク・リボー(Marc Ribot)率いるトリオ、セラミック・ドッグ(CERAMIC DOG)の演奏と共に「グッチ」の新章が幕を開けると、ファーストルックから変化は明らかだった。白いTシャツとタックを大きくとったワイドトラウザーに、ビーニーを身に着けたリアルクローズには、会場にいた多くの観客が驚いただろう。その後もたっぷりとしたシルエットのクラシックなチェスターコートや、パステルカラーのフレッシュなテーラリング、紺のブレザー、ジーンズ、MA-1といった普遍的な無地のメンズ服が、シンプルなスタイリングで連続する。ミケーレの幻想的な世界観をリセットするようなこのリアルなコレクションは、“即興性”がテーマだ。ステージでノイジーなロックを演奏を続けるトリオのように、技術とアイデアを衝突させて、男性服をさまざまな解釈で再定義する考えがベースだという。

 クラシックな男性服を高度な職人技術で仕立て、ジャケットの袖やパンツのパーツをデタッチャブルにしたり、1980年代のアーカイブに着想したスポーツウエアをきらびやかなダンスウエアと組み合わせたり、2000年代初期のライダースジャケットにクラシックなオーバーコートのシルエットを融合したり。アイテムやスタイリングで対極にあるものを融合し、あらゆる時代で打ち出してきた「グッチ」の男性像をなじませる。ミケーレ時代に確立したジェンダーを超越する官能性は、シアー素材のトップスやパンツに大きく入ったスリット、デコラティブな装飾のジャケットに感じさせた。

 フィナーレでモデルたちが去ると、暗転してショーはそのまま幕を閉じた。今回のショーで後任の発表はなかったが、これまでの世界観と大きく異なる方向転換は、賛否両論が起こるだろう。個々のアイテムに面白さはあるが、スマートフォンでコレクション画像を眺めるだけでは伝わりづらい服でもある。今後はこのスタイルをベースにしていくのか、もしくは新たなデザイナーを迎えるための準備なのか。いずれにせよ、新生「グッチ」の方向性をどう発信していくかが課題だろう。次のウィメンズ・コレクションはさらに注目を集めそうだ。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。