ファッション

ミケーレと決別の「グッチ」 アナリストの見解は?

有料会員限定記事

 「グッチ(GUCCI)」と親会社のケリング(KRING)は11月23日夜(中央ヨーロッパ時間)、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターの退任を発表した。後任は未定。声明によると、「新しいクリエイティブ組織が発表されるまで、デザインオフィスはメゾンの方向性を引き継いでいく」という。(この記事は「WWDJAPAN」2022年11月28日号からの抜粋です)

 このニュースに対し、調査会社バーンスタインのルカ・ソルカ=グローバル・ラグジュアリーグッズ担当シニア・リサーチアナリストは、これは「とても良い」と評価。「再加速するために、『グッチ』はメーンストリームに移行する必要も、タイムレスになる必要もない。求められるのは、クリエイティブにおける新たな一章を開くことだ。それは、間違いなく新しいクリエイティブなエネルギーと才能がなければできないことだろう」と述べる。そして、「ミケーレが早く去った方が、いい結果をもたらす」と、正式な退任発表前の23日朝に言葉を濁すことなく指摘した。

 彼の見解は、ミケーレが「7年間ほぼ同じことを繰り返してきたため、『グッチ』はブランドとして倦怠期を迎えている」というものだ。「(ミケーレの就任後、)早くから『グッチ』を大量に購入していた消費者(例えば、中国人)がまず飽きたが、これは驚くべきことではない」。ソルカは、ケリングが何度も繰り返しブランドを刷新する力があることを評価し、「グッチ」は「新しいことを提案すれば、すぐにその声を(消費者に)届けられる十分な規模を持っている」と結論づけた。また、「グッチ」の成長鈍化により、ケリングは同業他社より割安で株式が取引されているとも語った。

この続きを読むには…
残り901⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。