ファッション

「グッチ」のアレッサンドロ・ミケーレが退任か 有力な情報筋がコメント

 有力な情報筋によると、「グッチ(GUCCI)」のクリエイティブ・ディレクターを務めるアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が、ブランドを去るようだ。早ければ11月23日(水曜日)にも声明が発表される予定。ミラノ時間22日夜にブランドに何度もコメントを求めたが、返答はなかった。

 匿名を条件としたある関係者は、米「WWD」に対し、ミケーレはブランドを盛り上げるために「デザインにおける大きな方向転換を求められた」が、その要請に応じなかったと語った。また別の関係者によると、グッチの親会社であるケリング(KERING)のフランソワ・アンリ・ピノー(François-Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)は、同グループのスターブランドである「グッチ」の転換を検討しているという。

 ピノー会長兼CEOが主要ブランドの転換を図るのは、これが初めてではない。2021年11月には、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)を大きな成功に導いたダニエル・リー(Daniel Lee)=クリエイティブ・ディレクターを更迭するという驚きの行動を起こした。後任のマチュー・ブレイジー(Matthieu Blazy)はデビューから2シーズンで、ブランドの職人的なルーツを取り戻すことで、急速にその名を知らしめた。

 ミケーレは、1972年ローマ生まれ。ローマのファッションアカデミーで学ぶ。「フェンディ(FENDI)」でシニア・アクセサリー・デザイナーを務めた後、2002年にトム・フォード(Tom Ford)率いる「グッチ」のデザインオフィスに参加。11年から当時のクリエイティブ・ディレクターだったフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)の“右腕“となるアソシエイト・クリエイティブ・ディレクターを務め、14年からはグッチ傘下の陶器ブランド「リチャード ジノリ(RICHARD GINORI)」のクリエイティブ・ディレクターを兼務してきた。そしてジャンニーニの退任後、15年1月にデザインチームのトップとしてコレクションを披露。その数日後に正式にクリエイティブ・ディレクターに就任した。

 ミケーレによるジェンダーの既成概念を超越したロマンチックなコレクションは、多くのデザイナーにも影響を与えた。この間「グッチ」は若い世代を中心とする顧客層の拡大にも成功し、特に18年の第1四半期までは5四半期連続で売り上げを前年同期に比べて35%以上伸ばすという大成功を収め、当時は100億ユーロ(約1兆4500億円)ブランドへの成長を遂げることを表明していた。
 
 しかし、ケリングは先月、現在の「グッチ」は成長しているものの、そのペースがグループ内の他ブランドに比べて鈍化していると発表していた。22年第2四半期は前年同期比4%増、第3四半期は同9%増にとどまっている。22年第3四半期の数字はアナリストの業績予測をわずかに下回り、ライバルであるLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton)のファッション&レザーグッズ部門の22%の成長より遅れている。

 ミケーレをクリエイティブ・ディレクターに起用したマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)社長兼CEOは、彼の独創的な世界観やクリエイションをサポートする良き理解者として知られてきた。しかし、関係筋によると、「ミケーレとビッザーリの蜜月関係は終わり、以前ほど強い関係ではなくなっている」という。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。