ファッション

「ディオール」がパリ・サンジェルマンの新ワードローブを製作 カジュアルとフォーマルを用意

 「ディオール(DIOR)」は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ、パリ・サン=ジェルマン(PARIS SAINT-GERMAIN以下、PSG)の新オフィシャルワードローブを発表した。

 今回のワードローブは、PSGが2022-23シーズンに着用するもので、キム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ アーティスティック ディレクターが担当。フォーマルルックとカジュアルルックの2種類を製作し、フォーマルルックはカシミヤコートやスーツと共に、「ディオール」のエンブレム“ビー(BEE)”を刺しゅうした白シャツを用意。カジュアルルックは、“PARIS SAINT-GERMAIN”の文字とCDアイコン”のイニシャルを施したハリントンコートやニットセーター、ポロシャツ、ダービーシューズ、ボストンバッグで構成する。

 イメージビジュアルには、リオネル・メッシ(Lionel Messi)やキリアン・エムバぺ(Kylian Mbappe)、セルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)、ケイラー・ナバス(Keylor Navas)、ヌーノ・メンデス(Nuno Mendes)らPSGの選手を起用した。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。