ファッション

2023年トレンドカラーは“ビバ マゼンタ”に よりポジティブな未来を創造する活気に満ちた赤

 パントン・カラー・インスティテュート(PANTONE COLOR INSTITUTE以下、パントン)は、2023年の「カラー・オブ・ザ・イヤー(Color of the Year)」に“ビバ マゼンタ(Viva Magenta: Pantone 18-1750)”を選出した。

 “ビバ マゼンタ”は昆虫由来の天然色素、コチニールに着想を得た鮮やかな赤系で、温かみと冷たさを兼ね備えた色合いが印象的だ。パントンは、フィジカルとバーチャルの世界を心地よく行き来するハイブリッドなバランスが、現代の多次元の世界をほうふつとさせていると説明する。リアトリス・アイズマン(Leatrice Eiseman)=エグゼクティブ・ディレクターは、「パワフルで自信に満ち、感動的で独創的。ウィットにも富んでいて、全ての人を包み込むような表現力がある。この活気に満ちた赤は、力強さと自由な自己表現力を表す。ただしその強さは攻撃的ではなく、よりポジティブな未来を創造するデザイン力を持つ」と説明する。

 「カラー・オブ・ザ・イヤー」はパントンの専門家たちが世界中を回り、エンターテインメント業界やアート、デザインにおける全ての分野、話題の観光地、新しいライフスタイル、社会経済状況などの分析や考察から、新たに影響力を与えるとする色を発表している。23年については、長年のクリエイティブパートナーであるデジタルエージェンシー、ヒュージ(HUGE)と組み、AIによる色の“視覚的表現”を実現したという。

 パントンのローリー・プレスマン(Laurie Pressman)=バイス・プレジデントは、「この数年、人々の自己意識、ウェルビーイングやプライオリティー、アイデンティティーについての考え方があらゆる意味で大きく変わった。その結果、自分らしさを自由に探求し、それを受け入れることができる空間が生まれている」と話す。

 23年春夏コレクションなどで発表されたコレクションから“ビバ マゼンタ”の例として、「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」や「ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI)」「アルベルタ フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)」「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「デル コア(DEL CORE)」「シンシア ローリー(CYNTHIA ROWLEY)」「クリスチャン・シリアノ(CHRISTIAN SIRIANO)」「アンナキキ(ANNAKIKI)」のアイテムを紹介する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。