ファッション

繊維商社のヤギがリラックスウエアブランド「オニット」スタート 人気スタイリスト高木千智とタッグ

 繊維商社のヤギは、スタイリストの高木千智をディレクターに迎えた新ブランド「オニット(ONIT)」を2023年春夏からスタートする。コンセプトに「都会的で洗練されたリラックスウエア」を掲げ、上質なカットソーを使ったセットアップやシャツ、ドレス、ボトムスを40代の女性をターゲットに展開する。

 高木千智ディレクターは、女性誌でスタイリストを経験したあとにNYに留学。帰国後の現在も「オッジ(OGGI)」「ジゼル(GISELe)」や広告などのスタイリングを手掛けている。初のブランドになる高木ディレクターは「これまでの経験をベースにしつつも、まずは自分が欲しいモノ、市場にないモノを思い切って作った。ヤギの強みである上質なカットソー素材をベースにリラックスできてイージーケアなアイテムを作った。ただ、襟ぐりを深くしてちょっとセクシーさを加えるなど、単なるリラックスウエアにとどまらない、オンでもオフでも使えるアイテムで構成している」という。極細番手の超長綿を使った綿100%のカットソー生地のシャツが1万5000円〜2万8000円、ジャケット・アウターが2万円台後半〜3万円など。傘下に国内最大手の撚糸加工企業である山弥織物を抱えるヤギらしく、上質な原料とバランスの取れた価格が特徴になる。

 自社運営のネット通販サイトに加え、セレクトショップへの卸も行ない、今後は知名度向上のために全国でポップアップショップなどを展開する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。