ファッション

ヤギのサステナ活動プロジェクト「ヤギシカル」が新宿でポップアップ

【追記12月3日】ポップアップストアの開催は中止になりました。

 繊維商社のヤギは、同社が展開するエシカル・サステナビリティ活動プロジェクト「ヤギシカル(YAGIthical)」のポップアップストアを新宿マルイにオープンする。期間は12月10日から来年1月11日まで。

 ポップアップでは、グループ企業のツバメタオル、NPO法人のDEAR MEとの三者協業による、規格外品タオルを有効活用した「B子プロジェクト」のアップサイクルタオルを中心に販売する。そのほか、ヤギのライフスタイルブランド「エイトワール(EITORE)」の日本製吸水サニタリーショーツやネパール産のフェルトを使用した「ザ・ラギーズ(THE RUGGY'S)」のフェルト人形なども取り扱う。期間中には消費者参加型のワークショップも行う予定だ。

 「ヤギシカル」は国連のSDGs(持続可能な開発目標)達成貢献のために創設されたプロジェクト。ヤギは人や社会、環境に配慮した多様な企業活動を同プロジェクトの下で行っており、上記のブランドに加え、有機栽培したコーヒー豆「ヤギシカル コーヒー」や、環境負荷の少ないテキスタイルブランド「フォレシカ」など幅広い分野で展開を広げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら