ビジネス

北斎の服をまとう? しりあがり寿とヤギが“クスッと笑える”コラボ

 東京都墨田区のすみだ北斎美術館で4月20日にスタートした「しりあがりサン北斎サン-クスッと笑えるSHOW TIME」展の企画の1つ「北斎をまとう」で、繊維商社のヤギが製作したアパレルが展示されている。

 同展は、マンガ家でアーティストのしりあがり寿が2018年に同館の展覧会で発表した浮世絵師の葛飾北斎のパロディ作品に新作を加え、約160点で構成されたもの。

 3階ホワイエの「北斎をまとう」では、しりあがり寿が北斎作品をアレンジしたアパレル作品が並んでいる。コロナ禍を象徴する巣ごもり、飛沫、つながりなどをテーマとし、「布帛ブラウス 富嶽三十六景を遊ぶ」「浪裏&瀧廻りポンチョ」「飛沫どころか瀧マスク」など江戸と令和の要素をミックスしたユニークな作品だ。同展を協賛したヤギが手掛ける抗ウイルス素材「ビブテックス(VIBTEX)」や、抗菌、防臭、接触冷感など8つの機能性を持つマスク「エイトワール(EITORE)」が使用されており、グループ会社ファッションメタデータバンク(FMB)による3DCGを使用したホログラムの作品もある。

 ヤギの担当者は「アートとのコラボレーションは初めて。製品や素材を通して、当社ができることはまだたくさんあるということが認識できた。今後も、さまざまなことに挑戦しながら、ビジネスの可能性を広げていきたい」と話した。

 しりあがり寿は、1958年静岡市生まれ。2011年、東日本大震災や原発をテーマとした「あの日からのマンガ」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。14年、紫綬褒章を受章した。

 同展は6月27日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら