ビジネス

北斎の服をまとう? しりあがり寿とヤギが“クスッと笑える”コラボ

 東京都墨田区のすみだ北斎美術館で4月20日にスタートした「しりあがりサン北斎サン-クスッと笑えるSHOW TIME」展の企画の1つ「北斎をまとう」で、繊維商社のヤギが製作したアパレルが展示されている。

 同展は、マンガ家でアーティストのしりあがり寿が2018年に同館の展覧会で発表した浮世絵師の葛飾北斎のパロディ作品に新作を加え、約160点で構成されたもの。

 3階ホワイエの「北斎をまとう」では、しりあがり寿が北斎作品をアレンジしたアパレル作品が並んでいる。コロナ禍を象徴する巣ごもり、飛沫、つながりなどをテーマとし、「布帛ブラウス 富嶽三十六景を遊ぶ」「浪裏&瀧廻りポンチョ」「飛沫どころか瀧マスク」など江戸と令和の要素をミックスしたユニークな作品だ。同展を協賛したヤギが手掛ける抗ウイルス素材「ビブテックス(VIBTEX)」や、抗菌、防臭、接触冷感など8つの機能性を持つマスク「エイトワール(EITORE)」が使用されており、グループ会社ファッションメタデータバンク(FMB)による3DCGを使用したホログラムの作品もある。

 ヤギの担当者は「アートとのコラボレーションは初めて。製品や素材を通して、当社ができることはまだたくさんあるということが認識できた。今後も、さまざまなことに挑戦しながら、ビジネスの可能性を広げていきたい」と話した。

 しりあがり寿は、1958年静岡市生まれ。2011年、東日本大震災や原発をテーマとした「あの日からのマンガ」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。14年、紫綬褒章を受章した。

 同展は6月27日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。