ビジネス

ヤギが50回洗っても使用できるサステナブルな医療用ガウン発売 海外販売も視野

 繊維商社のヤギは、洗って繰り返し使用できるアイソレーションガウン(感染予防用隔離ガウン)を3月に発売する。

 ヤギのアメリカ法人のヤギUSA LLCが大阪のアパレル商社やまぎんと共同開発したもので、東レグループが生産した2種類の生地を使用する。医療現場で、ウイルスが付着している可能性がある使用済みの医療用ガウンが世界規模でゴミ問題となる中、50回洗濯してもアメリカ医療機器振興協会(AAMI)の規格レベル2の基準をクリアしているサステナブルな機能性が特徴だ。

 同社は、新型コロナウイルス感染拡大が続く中で不足する医療用ガウンの安定供給に貢献し、繰り返し使用できることで医療機関のコスト削減、生産スペースが余っている国内外の縫製工場の救済にもつなげることを開発目的としている。

 今後は、原料となるポリエステル素材をリサイクルポリエステルに変更することで環境負荷も意識した医療用ガウンの開発を進めるとともに、海外での販売も目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら