ビューティ

古くて新しいRFID技術はブランドの透明性にも寄与【今週のビューティ展望】 

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、最新テクノロジーではないRFIDが再び脚光を浴びる話。(この記事はWWDジャパン2022年12月5日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
ユニクロが「サプライチェーンの全工程を管理・把握するシステム」を稼働
東レ、ユニクロとの戦略パートナーは「サステナ重視」へ 23年3月期に繊維で悲願の売上高1兆円に

 技術そのものはそれほど新しくはないが、その技術を「どう応用し使うか」で新しい事業や顧客体験が可能になる事例が増えている。たとえばコーセーが銀座の旗艦店に設置して大きな話題になったメイクシミュレーター「カラーマシーン」は、プロジェクションマッピングの技術だ。マシンを小型化して色補正技術なども加えることで、顔の上での極めて自然なメイクシミュレーションを可能にした。「自分のなりたい姿」をビューティコンサルタントと試して、終了後は実際の製品で一緒に再現するという一連の体験が消費者からも支持され、即日で1カ月後の予約が埋まってしまうほどの人気という。

 1980年ごろからすでに実用化がスタートしているRFIDも改めて注目を集めている技術の一つだ。アパレル業界ではすでにユニクロをはじめとする多くの企業が導入している。「ユニクロ」のセルフレジに商品を置くだけで何を、いくつ買ったかすぐわかるのは、RFIDのおかげだ。

この続きを読むには…
残り1423⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。