ファッション

ゴールドウイン4〜9月期の売上高は過去最高453億円 登山とランに高い需要

 ゴールドウインの2022年4〜9月期は、売上高が前年同期比18.6%増の453億円と過去最高を記録した。8月に発表した444億円の業績予想を上回った。

 売上高を事業別に見ると、パフォーマンス事業が同23.0%増の162億円。登山やランニング需要が継続し、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」の高機能ライン“サミットシリーズ(SUMMIT SERIES)”をはじめ、ハイスペック商品がよく動いた。コロナで屈んでいた「スピード(SPEEDO)」は、スイムウエアとトレーニングウエアで支持を伸ばして本格的な回復を見せた。ライフスタイル事業は同15.3%増の256億円。キャンプ用品が堅調に伸びた。ファッション事業は同24.1%増の34億円だった。

 営業利益は同60.0%増の52億円で過去2番目だった。営業利益率は11.6%で前年同期から3.0ポイント改善。原材料の高騰や円安といった減益要因があったが、秋冬商品の一部の価格見直しと商品発注量の適正化、在庫流動の徹底が奏功した。販管費の一部を下期へ繰り越したことも増益に寄与した。また韓国の持分法適用関連会社の好調により、経常利益は同94.3%増の74億円、純利益は同122.0%増の58億円でいずれも過去最高となった。

 上期の業績予想を上回ったが、2023年3月期の通期予想は据え置く。8日に会見した渡辺貴生社長は「業績への寄与度が大きい第3四半期(10〜12月)の動向を見極めた段階で、必要があれば修正案を発表する」と説明する。足元の10月はダウンの代表モデル“ヌプシ”と“バルトロ”の初回投入分がほぼ完売するなど、好調な滑り出しとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。