ファッション

【スナップ】日本最大級のヒップホップフェス「THE HOPE」来場者は意外なタイトシルエット人気 着用率が高かったのはあの英国ブランド

 国内最大級のヒップホップフェスティバル「THE HOPE」が10月23日、代々木第一体育館で初開催された。ヘッドライナーはAwichやBADHOP、BIMなどで、ほかにも国内のヒップホップシーンで活躍する総勢50組のアーティストが出演した。

 ヒップホップといえば、従来はオーバーサイズのストリートウエアという印象が強かったものの、「THE HOPE」ではスリムなジャケットやパンツを好む来場者が多かった。ロンドンのストリートレーベル「アンノウンロンドン(UNKNOWN LONDON)」のフーディーやスエットパンツを頻繁に見かけた。日中の気温が徐々に下がりつつあるため、ニット帽やバラクラバ、アームウォーマーなど、コーディネートのポイントになるニット小物も人気だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。