ファッション

初開催のヒップホップフェス「ポップ ユアーズ」来場者スナップ 肌見せ&ロゴで攻める初夏のストリートスタイル

 スペースシャワー主催による国内最大級のヒップホップフェス「ポップ ユアーズ(POP YOURS)」が、5月21、22日に幕張メッセで初開催した。ヘッドライナーを務めたパンピー(PUNPEE)やバッド・ホップ(BAD HOP)をはじめ、Awichやキャンディタウン(KANDYTOWN)ら総勢 18組のアーティストがパフォーマンスを行った。

 コロナ禍での開催となったため、会場には座席を設けたり、フード屋台の数やイベントスペースを制限したりと、徹底した感染防止対策を実施。一方で、来場者たちからはリアルのイベントや音楽の偉大さを思い出すかのような熱気を感じ、フロアには大音響の中でしか味わえない興奮と歓喜が戻っていた。

 来場者の装いは初夏ということもあり、ブラトップやショートパンツ、ボディコンシャスなミニワンピースなど露出度の高いコーディネートが目を引いた。また、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)やネイト・ドッグ(Nate Dogg)らがプリントされたTシャツや、インパクトあるチェーンネックレス、髪を編み込んだコーンロウヘアなどを取り入れたヒップホップへのリスペクトを感じさせるスタイルも目立った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら