ファッション

ストリートスナップで切り取る 高円寺の“今”

 都内で古着の街といえば、下北沢と高円寺だ。近年、電鉄各社による再開発が進む下北沢は、新しい商業施設の誕生や古着チェーンの進出もあり、古着ブームに沸いたかつてのようなにぎわいが戻ってきている。では、高円寺はどうだろう。以前のように古着ファッションを楽しむ若者はいるのだろうか?記者はコロナ禍以前から数年ぶりに高円寺に降り立ち、ストリートスナップを実施した。

 改札を抜けると、コンコースにまで響く路上ライブの歌声。風情の残る商店街には、マスクもせず缶ビールを片手に座りこむ若者たち。古本屋やレコード店、ロックバーはこの時世とは思えないにぎわいだ。時代や情勢が大きく変化する中でも、高円寺には高円寺の時間が流れている。そして、この街の空気感と自分のスタイルを貫く若者たちは、どこかで共鳴しているのだろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら