ファッション

ストリートスナップで切り取る 高円寺の“今”

 都内で古着の街といえば、下北沢と高円寺だ。近年、電鉄各社による再開発が進む下北沢は、新しい商業施設の誕生や古着チェーンの進出もあり、古着ブームに沸いたかつてのようなにぎわいが戻ってきている。では、高円寺はどうだろう。以前のように古着ファッションを楽しむ若者はいるのだろうか?記者はコロナ禍以前から数年ぶりに高円寺に降り立ち、ストリートスナップを実施した。

 改札を抜けると、コンコースにまで響く路上ライブの歌声。風情の残る商店街には、マスクもせず缶ビールを片手に座りこむ若者たち。古本屋やレコード店、ロックバーはこの時世とは思えないにぎわいだ。時代や情勢が大きく変化する中でも、高円寺には高円寺の時間が流れている。そして、この街の空気感と自分のスタイルを貫く若者たちは、どこかで共鳴しているのだろう。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。