ファッション

気になる売り場の売れ筋TOP3は? スライ/カスタネ/ユナイテッドアローズ/ロンハーマン

有料会員限定記事

 秋冬商戦本番直前の6〜8月に好調ブランドや有力セレクトショップで売れたものは何か?記者が気になるブランドのほか、「WWDJAPAN」8月29日号特別付録「2022年春夏ビジネスリポート」の都内主要ショッピングセンターやゾゾタウン等への取材で「好調!」と挙がっていたり、毎月ウェブに掲載している高伸長ブランド一覧の中などから取材先をピックアップ。直近の売れ筋トップ3からは、今後につながる人気傾向が見える。

 重ね着が楽しめる気候で、コートなどの高単価な重衣料が動く秋冬は、ファッション消費が盛り上がるシーズンだ。各ブランドの売れ筋傾向や今後の予測、ヒット確実と期待するアイテムも一緒に掲載し、今年の秋冬商戦を占う。(この記事は「WWDJAPAN」9月5日号からの抜粋です)


SLY
コンパクトなTシャツと好相性
ボリューミーなサンダルがヒット

【ブランド紹介】
 2003年にスタートした「マウジー」などと並ぶバロックジャパンリミテッドの主力ブランド。ヤング層に向けた個性的でエッジーなスタイルを特徴とする。20年には30代以上の大人向け派生ライン“スロー バイ スライ”をスタートした。

この続きを読むには…
残り2359⽂字, 画像20枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。