ファッション

ZOZOが販売員コーディネート投稿の新ツール、テナントに無料提供

 「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは8月2日、販売員のコーディネート投稿機能などを搭載した販売員支援サービス「ファーンズ(FAANS)」を正式リリースした。同機能を使えばコーディネート経由のEC売り上げや送客数、コーディネート画像の閲覧数などの可視化できる。「ファーンズ」のコーディネート投稿機能は当初は「ゾゾタウン」や同社の提供するコーデアプリ「WEAR」、ペイペイモールのゾゾタウン店限定の提供だが、今秋にはブランドの自社ECへの対応も予定。販売員スナップの投稿サービスはスタートアップ企業のバニッシュ・スタンダードが「スタッフスタート」が先行しており、EC関連企業によるリアル店舗支援サービスの開発が加速している。

 ZOZOは2021年11月に、「ゾゾタウン」上でゾゾユーザーが出店ブランドのリアル店舗の在庫が確認できる「ゾゾモ」をスタート。「ファーンズ」は、この「ゾゾモ」の在庫取り置きサービス利用時に、出店ブランドの店舗の販売員が使用するツールの一つであるため、出店ブランドは無料で利用できる。ZOZOは「ファーンズ」の機能を拡張することで、「ゾゾタウン」の出店テナントであるブランドへの支援を強化につなげつつ、販売員のコーディネートスナップはECサイトの集客やコンバージョン(購買率)を上げる、最も強力なコンテンツの一つをサービスに導入することで、「ゾゾタウン」「ペイペイモール」「WEAR」などの自社サービスの連動性を高める。

最新号紹介