ファッション

「ラゾーナ川崎プラザ」は誰もが楽しめるSCのお手本、尖ったアパレルも見たい! 連載「ミステリーショッパーが行く!」

有料会員限定記事

 百貨店からショッピングセンター、個店、ECまで、さまざまなショップを覆面調査員がリポートする連載「ミステリーショッパーが行く!」。今回は2006年に開業した神奈川・川崎の商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」を調査。野村不動産ビルディングと三井不動産の共同出資による施設で、地上5階建て、敷地面積約7万2000㎡に、約330店が入る。JR川崎駅西口から直結するアクセスの良さと充実した施設を備え、同エリアのランドマークになっている。(この記事はWWDジャパン2022年6月27日号からの抜粋です)

■今回の担当調査員
加賀美勉(56)
PROFILE:百貨店やコンサルティング会社を経て、現在は商業関連メーカーで販促プロモーションの開発にいそしむ。自称“プロの消費者”として百貨店をウオッチし続ける。革靴とワインを語り始めると止まらない

高瀬浩子(46)
PROFILE:百貨店でインポートブランドの販売、広報を経験後、インテリアパーツの輸入・販売代理店に勤務。出産を経験し、今は実務翻訳家として活動。買い物は、マッサージを超えた究極の癒し!と公言

調査日時:加賀美調査員 2022年6月16日(木)12:00〜 曇り 21℃、高瀬調査員 2022年6月18日(土)15:30〜 曇りのち晴れ 21.3℃
ILUUSTRATION:ERI KOJIMA

【環境・施設】

高瀬:改札を出てすぐに巨大な案内があり、迷うことなく到着。正面に人工芝の広場があり、それを囲むようにショップが並びます。開放感抜群で、路面店が集まったような雰囲気です。

加賀美:広場には子ども連れや大学生、サラリーマンと幅広い客がくつろいでいました。この広場が目印となり、自分がどこにいるか把握しながら回遊できるのも利点ですね。通路幅も広くてゆったりと買い物できるほか、あらゆる場所に椅子やソファが置かれていて、休憩にも困りません。

高瀬:最上階には無料のキッズスペースもありました。トイレのデザインが凝っているのもうれしいです。

加賀美:2006年オープンのため一部で老朽化は見られたものの、全体的に手入れが行き届いていてきれいな施設。レストランが並ぶ1階のトイレは、洗面台に飛び散った水が気になりました。利用頻度が高い場所はこまめな清掃が入るとうれしいです。

【MD】

高瀬:1階がフード、2〜3階がファッション、4階がレストラン、5階がシネマの構成。ファッションは「ビームス」「アーバン リサーチ」「ザラ」「ミラ オーウェン」「ジェラート ピケ」など、定番のショップとブランドがそろいます。

加賀美:大型SCとしては高感度なラインアップですね。一方で、独自性のある店が欲しいのも正直なところです。

この続きを読むには…
残り808⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら