ファッション

英国靴「クラークス オリジナルズ」が東京に世界初のコンセプトストア 大阪店もオープン

 英国のシューズブランド「クラークス オリジナルズ(CLARKS ORIGINALS)」は8月5日、原宿に新コンセプトストアの「クラークス オリジナルズ 東京」をオープンする。同コンセプトストアの出店は世界初。

 開放感のある販売スペースは、同ブランドが誕生した1825年の英国南西部サマセット州をイメージしたもの。また店舗奥には、ギャラリースペース“ザ ブランド ボックス(THE BRAND BOX)”を設ける。「クラークス オリジナルズ」を体現できる空間で、中原慎一郎コンランショップ・ジャパン社長が監修した。長年デザインを変えずに愛されるアイコンモデルを多数持つブランドらしく“普遍性”をテーマにしており、イベント時などに限定開放する。

 オープンを記念して“デザートブーツ”(8月予定、3万7400円税込、以下同)、“デザートトレック”(10月予定、3万7400円)、“ワラビー”(12月予定、3万8500円)の限定モデルも順次発売する。それぞれ黒のスエードに、ユニオンジャックをモノクロトーンで刺しゅうしたものだ。

 なお同ブランドは9月16日、心斎橋に「クラークス オリジナルズ 大阪」も開店する。限定3モデルは大阪店でも扱う。

 「クラークス オリジナルズ」は1825年に創業。2025年に200周年を迎える。

■クラークス オリジナルズ 東京
オープン日:8月5日
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前6-17-10 原宿アール1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら