ファッション

「クラークス」がデザートブーツの70周年モデル発売 限定店では世界限定1足のシューズも

 英国発の「クラークス オリジナルズ(CLARKS ORIGINALS)」は、デザートブーツの誕生70周年を記念したモデル“デザートブーツ 221”を11月20日に発売する。アッパーの素材はメンズとウィメンズでスエードを、ウィメンズでパテントレザーをそろえ、価格帯は3万〜3万4000円。木型は1950年の誕生から使い続けているものを広めにアレンジし、クッション性も向上させて快適性にこだわっている。また汚れにくく撥水性に優れたスエードや、リサイクル素材のオーソライト(OrthoLite)のインソールを採用するなど、素材使いも特徴だ。さらにイエローやブルー、グリーンやピンクなど7色の装飾と靴ひもが付属で付き、箱も70周年の特別仕様となる。

 発売に合わせて、11月20〜12月13日まで渋谷パルコ3階でポップアップストアを開く。2020-21年秋冬の新作が週替わりで並ぶほか、アーティストの河村康輔が“221”にアートワークを施した世界に1足しかないカスタムモデルも展示する。同シューズはポップアップ期間中に実施しているSNSキャンペーン参加者にプレゼントされる。

■CLARKS ORIGINALS POPUP STORE
日程:11月20〜12月13日
場所:渋谷パルコ3階
時間:11:00〜21:00

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら