ファッション

「バーバリー ビューティ」や「バイレード」を手掛けるイサマヤ・フレンチが自身のメイクアップコレクションを発表

 イギリス人メイクアップアーティストで、現在は「バーバリー ビューティ(BURBERRY BEAUTY)」のグローバルディレクターを務めるイサマヤ・フレンチ(Isamaya Ffrench)は、自身の名を冠した初のカラーコスメコレクション、“インダストリアル・コレクション”を発表した。カラーコスメやグロウセラムのほか、ジュエリーやTシャツをそろえ32〜115ドル(約4300〜1万5500円)で販売する。6月27日にプレオーダーを公式サイト(Isamaya.com)でスタートする。カラーコスメの開発は、「バイレード(BYREDO)」のメイクコレクションを手掛けて以来だ。

 「世の中にあるものとは全く違うカラーコスメを妥協せずに作りたかった」とイサマヤ。過去や現在手がけるブランドには敬意を示しつつも、自身には最終決定権がないため「妥協することも多かった」という。「業界のためにも真実を話すべき」と考える彼女が生み出したのは、使う人に合ったカールを演出する“ラバーラッシュ ラテックス リフト マスカラ”やシアーなチェリーグレーの“エッジィ リップ グロス”、ポマードのような質感で眉をホールドする“ブロウラック ブロウ ラミネーター”など。パッケージにもこだわり、メタルカラーのアイシャドウパレットの蓋に女性の体をデザインし、マスカラやリップに金属のリングを施した。

 サステナビリティにも配慮して、ヴィーガン・パラベンフリー処方を採用。パッケージには可能な限りリサイクルガラスやリサイクルプラスチックを取り入れた。イサマヤは「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)を敬愛しており、彼女の“Do more with less”の哲学にのっとってパッケージは使用後も別の形で使えるよう考えた。パレットはジュエリーボックスとしても使える」と説明する。今後もファッションと同じようにシーズンごとにカプセルコレクションとして発表し、それぞれのコレクションで異なる慈善団体とパートナーシップを組む予定だ。

 イサマヤは、モデルの顔を花で飾るなど従来のメイクアップの概念にとらわれないユニークなメイクアップルックで知られ、リアーナ(Rihanna)やファーギー(Fergie)、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)ら多くのセレブリティーやファッションウィークのメイクアップを担当してきた。また、これまでに「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」のアンバサダーや「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」のクリエイティブ アーティスト コンサルタント、「バーバリー ビューティ」のグローバル ディレクター、「クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)」のグローバル メイクアップ アーティストを務め、最近では「バイレード」のメイクコレクションを手掛けたほか“ファーフェッチ・グローバル・ビューティ・コレクティブ(Farfetch Global Beauty Collective)への参画でも注目を浴びている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら