ファッション

「カルティエ」のポップアップストアが東京・表参道に登場 阿部千登勢が再解釈した“トリニティ”誕生を記念

 「カルティエ(CARTIER)」は「サカイ(SACAI)」の阿部千登勢との出合いから誕生した限定ジュエリーの誕生を祝うポップアップストアを東京・表参道にオープンする。会期は7月7〜25日。「カルティエ」のアイコンである“トリニティ”を同ブランドと阿部のビジョンを融合して再解釈したコレクション“カルティエ トリニティ フォー チトセ アベ オブ サカイ”を展示販売する。発売に先駆け、6月27〜30日、LINEのカルティエ公式アカウントで事前応募を受け付け、当選者に限定販売する。リングやネックレス、ブレスレットなど全6モデルで税込価格は各34万5000〜221万7600円。ポップアップストアには、予約なしで誰でも入場可能だ。

 ポップアップストアは建築家の藤本壮介によるデザインで、限定コレクションのテーマである“安心と裏切り”“相反する価値観”を反映した空間になっている。喧騒の中の森、自然と人工、伝統と未来など相反するものが両儀的に溶け合いコレクションの本質を感じられるようになっている。

 ポップアップストアのオープンに伴い、本日6月23日から表参道の交差点一角にティーザーポスターを設置。3400枚の「カルティエ」レッドのマグネットをはがすと巨大なビジュアルが登場するというワクワクする仕掛けだ。マグネットは1人1枚持ち帰り可能でQRコードからスペシャルサイトにアクセスできる。同サイトでは、コレクションの先行抽選販売を受け付けるほか、阿部のスペシャルインタビューやポップアップストアオープンに向けて特別コンテンツを掲載予定だ。

■カルティエ トリニティ フォー チトセ アベ オブ サカイ ポップアップストア
住所:東京都港区南青山5-1-1(表参道交差点)
会期:7月7〜25日
営業時間:11:00~19:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら