ファッション

「アディダス オリジナルス」が渋谷のカフェ&バー「ブラッディアングル」とコラボ シューレースのない“スーパースター”

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、東京・渋谷のバー「ブラッディアングル(BLOODY ANGLE)」とのコラボシューズ“スーパースター レースレス ブラッディ アングル(SST LACELESS BLOODY ANGLE)”(税込1万7600円)を発売した。原宿と新宿の「アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア」や公式アプリをはじめ、「ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)」「アトモス(ATMOS)」などで扱う。

 コラボシューズでは、同ブランドの定番モデル“スーパースターSUPERSTAR”をベースに、ブラッディアングルの内装に着想したカラーと加工でアレンジした。黒を基調として、スリーストライプスやヒールタブのフチ、アウトソールのステッチなどにネオンをイメージした紫を使用し、履き口には赤のアクセントを加えた。アッパーにはレコードの溝を表現したエンボス加工を施し、かかととインソールには同店のロゴをあしらっている。靴紐のないデザインは、ヒップホップグループRun-D.M.C.(ラン・ディーエムシー)のスタイルに着想した。

 今回のコラボは、「アディダス オリジナルス」が世界中のローカルなフードカルチャーとコラボする企画“アデリシャス(Adillicious)”の一環として実現したもの。コラボ相手に選んだブラッディアングルは、ラッパーのリュウゾウ(RYUZO)が手掛けるレコードバーで、チャイナタウンを意識したネオンの内装が特徴だ。ニューヨークを拠点とするレコードバイヤーがセレクトした音楽を流すことでも知られ、ミュージシャンやスタイリストの客も多い。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら