ファッション

「アディダス オリジナルス」が海洋保護団体との最新コラボコレクションを発売 13型のスニーカーと8型のアパレルを用意

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、海洋保護団体のパーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ(PARLEY FOT THE OCEANS)とコラボレーションした2022-23年秋冬コレクション“FW22 アディダス オリジナルス バイ パーレイ”を発表した。現在、「アディダス」の公式オンラインストアなどで販売中だ。

 両者は15年からパートナーシップ契約を締結しており、新作コレクションは22年4月に発売した前作に引き続き、海岸などで回収されたプラスチックゴミをアップサイクルしたパーレイ・オーシャン・プラスチック(Parley Ocean Plastic)をメイン素材に採用している。ラインアップは、「アディダス オリジナルス」のクラシックモデル“ニッツァ(NIZZA)”を中心とする“スタンスミス(STAN SMITH)”や“スーパースター(SUPERSTAR)”など13型のスニーカーと、トラックジャケットとトラックパンツのセットアップなど8型のアパレルを用意。どれもクラウドダイやトリコロールのストライプスを施すなど、1970年代のビーチカルチャーを想起させる爽やかな色使いが特徴のアイテムに仕上がっている。

 なお発売を記念して、「アディダス オリジナルス フラッグシップストア 原宿」のカスタムプリントサービス “メイカーラボ(MAKER LAB)”では、グラフィックデザイナーの松原光による限定デザインのプリントサービスを7月17日まで実施している。同店でアパレルを購入すると、他デザインとあわせて1アイテムにつき2カ所まで無料でカスタムプリントすることが可能だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら