ファッション

「アディダス」が“スポーツ生まれ、ふだん使い”をテーマにした新レーベルを立ち上げ キャンペーンモデルにチョン・ホヨンらを起用

 「アディダス(ADIDAS)」は、“スポーツ生まれ、ふだん使い”をテーマにした新レーベル“アディダス スポーツウェア(ADIDAS SPORTSWEAR)”の立ち上げを発表した。ファーストコレクションを6月15日に発売し、ブランドの公式オンラインストアをはじめ、「アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK」や「アディダス ブランドコアストア 銀座」などで取り扱う。

 “アディダス スポーツウェア”は、自宅でもストリートでもワンランク上の心地良さを追求し、フレッシュなスタイルとジェンダーレスなデザインを前面に押し出すアパレルコレクションだ。ファーストコレクションは全64型を用意し、ミニマルなスタイルを追求したストレートシルエットのリブワンピース(税込9350円)や、オーバーサイズのコーチジャケット(同1万4300円)、ボクシーなシルエットが特徴的なフーディー(同1万670円)、フリースのライニングを施したオーバーサイズのショーツ(同6270円)などをそろえる。

 グローバルで展開するキャンペーンビジュアルのモデルには、ネットフリックス(NETFLIX)のオリジナルドラマ「イカゲーム(Squid Game)」で知られるモデル兼俳優のチョン・ホヨン(HoYeon Jung)や、アメリカの女性体操選手ニア・デニス(Nia Dennis)、NFL選手トゥア・タゴヴァイロア(Tua Tagovailoa)、中国の陸上選手・謝震業(しゃ・しんぎょう)らを起用。また日本限定ビジュアルには、 Z世代のデジタルファッションアイコンのYAMATOや、元体操競技選手の村上茉愛、プロバスケットボール選手のテーブス海らが登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら