ファッション

「グッチ」がハリー・スタイルズと制作したコレクション“グッチ ハ ハ ハ”を発表 ミケーレが語る協業の裏側

 「グッチ(GUCCI)」は、ミラノ・メンズ・ファッション・ウイーク会期中の6月20日に、歌手のハリー・スタイルズ(Harry Styles)と制作したコレクション“グッチ ハ ハ ハ(GUCCI HA HA HA)”をプレゼンテーション形式で発表した。会場は、ミラノで最も古いビンテージショップの一つキャヴァリ・エ・ナストリ・モーラ(Cavalli e Nastri Mora)だ。ラックには同店のビンテージ品と共に“グッチ ハ ハ ハ”のピースを並べ、装飾も新旧ミックスしたもので飾った。

 コレクションは、「グッチ」のブランドのキャンペーンにも登場したスタイルズとクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)がアイデアを出し合って制作した。ミケーレが「夢のワードローブを作ろう」とハリーに提案したことが協業の出発点だったという。1970年代のポップカルチャーとボヘミアンスタイルをテーラリングに落とし込み、子供服に用いられるような動物や果物のモチーフでエキセントリックなスパイスを加えた。70年代のイギリスで仕立てられたテーラードのシルエットに、ダブルブレストのコートや、”プリンス・オブ・ウェールズ”と称されるグレンチェック柄など、ハリーの出身地であるイギリスの要素もふんだんに盛り込んだ。

 ミケーレは各国のジャーナリストに向けてカンファレンスを開き、「ハリーが『グッチ』のスーツを着こなす姿を見てきて、その延長線で生まれたコレクションだ」と説明する。さらに「彼はメンズスーツを多様化させた人物であり、テーラードという格式あるピースでさえ、着る人の感性とアティチュードによって自由に着用できることを証明した。僕にとってファッションとは“自由”を意味する。ルールに縛られることなく、ハリーとのテキストメッセージでの気さくな対話を通して“グッチ ハ ハ ハ”を制作した」と続けた。カジュアルな文面上で(笑)を意味するコレクション名は、「ハリーとのテキストメッセージが、決まってこのフレーズで終わる」からだという。また、無邪気でかわいいモチーフは、最も自由な感性を持っていた幼少期の記憶をたどって描いた。コレクションラインよりもウエラブルな内容ではあるものの、「コマーシャルを意識したのではなく、テーリングの美しさに焦点を当てて、人生の一部になる洋服を届けたいというのが僕らの思いだ」と述べる。同コレクションは、10月中旬頃に発売予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら