ファッション

「グッチ」と「アディダス」のコラボ、6月7日発売 ルックを一挙公開

 「グッチ(GUCCI)」は、「アディダス(ADIDAS)」とのコラボレーションアイテムを6月7日に発売する。2022年-23年秋冬コレクション「EXQUISITE GUCCI」のショーで登場して大きな話題を集めた「adidas x Gucci」は、スポーツウエアをクラシックなテーラリングで再解釈したものだが、そのコマーシャルピースのローンチに先駆けて発売される今回のルックはよりスポーティーなアイテムが中心となっている。

 今回のコラボは1970年代のテニスおよびゴルフウエアを着想源としており、レトロなシルエットや大胆で明るい色使い、幾何学模様が特徴的だ。トラックスーツ、ジョギングパンツ、ショートパンツ、フレアパンツ、ボーリングシャツ、ニットのベスト、セーター、サファリジャケット、ポロシャツ、プリーツスカート、ペンシルスカートなど、メンズとウィメンズで多彩なアイテムを展開する。いずれも「グッチ」の“GGモノグラム”やブランドロゴ、「アディダス」の“トレフォイル”や三本線などの要素を自在に組み合わせたロゴがあしらわれている。

 フットウエアでは、「グッチ」のアイコニックなホースビットローファーに三本線をデザインしたものや、“トレフォイル”が飾られたレザー製のパンプスや厚底サンダル、「アディダス」の“ガゼル(GAZELLE)”スニーカーをレインボープラットフォームにしたものなどが目を引く。アクセサリー類も豊富に取りそろえられており、70年代風ファッションに欠かせないレトロなバケットハット、カラフルなヘアクリップ、チャンキーなジュエリーなどに加えて、ゴルフバッグ、カメラバッグ、ダッフルバッグも発売する。

 昔風のカタログをイメージしたルックブックは、パリとロンドンを拠点とするフォトグラファーのカーリン・ジェイコブス(Carlijn Jacobs)が撮影。コラボアイテムは、ポップアップのほか、「グッチ」の一部店舗とオンラインストア、「アディダス」の「CONFIRMEDアプリ」で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。