ファッション

シップス22-23秋冬メンズは“ブリティッシュ” アウトドアはレトロに、フォーマルも強化

 シップスが2022-23秋冬シーズンの展示会を行った。メンズは、カジュアル・ドレスともに“ブリティッシュ”をキーワードに、タータンチェックやフェアアイル、フランネルやツイードなどの柄・素材と、レトロアウトドア、ハンティングのテイストを盛り込む。

 カジュアルスタイルの軸は、別注も含めた豊富なアウター・ライトアウターだ。「バブアー(BARBOUR)」の膝上丈コート“ゲームフェア(GAMEEAIR)”は、通常より薄い生地で制作し、身幅をやや大きくしてトレンド感を加えた。「マーモット(MARMOT)」のダウンベストは型から別注し、紫×シルバーなどレトロな配色に。開店45周年を迎えるシップス銀座店では、長年のファンが望むレトロムードを表現するため、「インバーティア(INVERTERE)」のダッフルを1980〜90年代のざっくりしたシルエットで限定販売する。これらに合わせるのは、昨年も好評だったクルーネックセーターやカーディガンなどのニット。ウールはもちろん、アルパカ、カシミヤ、ヤクなどの獣毛もあり、カラーもブルーやパープル、オレンジとバラエティーに富む。足元はスニーカーではなくカジュアルなブーツで、ソールまで同色で別注した「クラークス(CLARKS)」の“ワラビー(WALLABEE)”や、ローカットでスラックスに合わせやすくした「パラブーツ(PARABOOTS)」のマウンテンブーツなどを提案する。

 ドレスは“クラシックの原点回帰”を掲げ、スーツとタキシードを強化する。在宅時間増加により一時はニーズが下がったが、「その反動からか、結婚式などのハレの場でも、ジャケパンではなくスーツを選ぶ人が多い。ビシッと決めたスタイルがよく動いている」と河野建徳シップス販売促進部プレス課は語る。オリジナルスーツとして、英国発の生地メーカーフォックスブラザーズ(FOX BROTHERS)のフランネル素材を使ったスリーピースを筆頭に、ベルベットのジャケットやタキシードなどを打ち出す。上下で10万円以上がメインだが、8万円台からでも手に入る。首元は「ステファノ・カウ(STEFANO CAU)」の芯地のないハリスツイードのネクタイで英国風に味付けする。「コロナ禍にも継続してスーツを提案したことで、“シップス=フォーマル”というイメージが定着しつつある。結婚式前にネクタイやチーフを求めて来店する客も多い。今シーズンは選択肢を増やしてニーズに応えるとともに、われわれのスタイルをしっかりと打ち出す」と河野プレス課。

 そのほか、昨年12月に同社が商標を獲得し、2022年春夏にブランドを再始動させた米国発の「サウスウィック(SOUTHWICK)」では、「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」「ナナミカ(NANAMICA)」など複数ブランドとのコラボアイテムを打ち出す。再始動の当初は30〜40代と50代以上のシニア層がターゲットだったが、雑誌掲載などで若年層の認知も広がり、「10万円近くするネイビーブレザーを大学生が指名買いする」(岡部邦彦・商品1部1課課長)など、“いいものを長く着るムード”が高まっているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら