ファッション

きれいな“腕魅せ”をかなえるノースリーブジャケットの着こなし、教えます【22年春夏トレンド】

 ノースリーブジャケットは、夏に重宝するキーピースです。袖がない分、涼しく過ごせるのが最大のメリット。ベストより着心地がゆったりしていながら縦長効果も発揮してくれるのに加え、節度や気品をキープできるのもうれしいところです。

 「エルメス(HERMES)」は2022年春夏コレクションで、ノースリーブジャケットとのセットアップを発表しました。ジャケットの裾を開けて軽やかさを演出。襟のないノースリーブジャケットとゆったりめのパンツが、気負わないエフォートレスな雰囲気を漂わせています。今回は、カシュクールやロング丈、アート柄など、品よく着こなせるノースリーブの新ルックを、有名ブランドからピックアップしてみました。

ゆったりしたアームホールがリラックスムードを演出

 一般的なノースリーブは腕の露出が気になりますが、肩口から少し張り出した短い袖付きのタイプなら、気負わずに着られます。アームホールの周りにボリュームを持たせれば、腕がきゃしゃに写ります。

 「ステラ マッカートニー(STELLA MCCARTNEY)」のジャケットはカシュクール仕立てで、結んだ帯も柔道着を思わせます。脇の開きがたっぷりしている楽な着心地に加え、帯を無造作に結んでリラックスした雰囲気に。総柄のワイドパンツと合わせて、涼やかなたたずまい。ビッグモチーフのネックレスがさらなるインパクトをもたらしました。

目新しさを求めるなら“コンパクト×ボクシー”

 両腕が出るノースリーブでも、ショルダーラインに張りを持たせると“きちんと感”が生まれます。パッドを入れた構築的なシルエットは、“強さ”を印象づけるトレンドとも好相性です。

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」のジャケットは、肩のラインが水平で凜々しいシルエット。マニッシュな表情のジャケットに、あえてレース生地やシアー素材のスカートを合わせて、フェミニンなムードとのテイストミックス。少しだけ横に張り出した肩パッドが二の腕をカバーしています。着丈は短く、横幅はゆったりという“コンパクト×ボクシー”のコントラストがアイキャッチーです。

アートモチーフで縦長シルエットを強調

 ダイナミックな柄をあしらえば存在感が高まり、装いにリズムと立体感も備わります。さっぱりして見えがちな夏の装いを華やかに見せる効果が期待できそう。ロング丈で生かせば、縦長シルエットを強調できます。

 「バーバリー(BURBERRY)」のノースリーブコートは、アイコンのトレンチコートの両袖を裁ち落としたかのようなシルエット。着丈が長いおかげで、きれいな落ち感が生まれています。端正なフォルムに表情を添えているのは、全体を彩った大胆なアートモチーフ。同じ柄を配したワンピースとのコンビネーションが生きて、ドラマティックな着こなしに仕上がりました。

スタイリッシュなミニ丈ワンピース風も

 ジャケットから両袖をカットしたのがノースリーブジャケットの基本形ですが、さらなる進化形も提案されています。ドレスライクにトランスフォームしたタイプは、鮮度の高い新顔アイテムです。

 「サカイ(SACAI)」のノースリーブジャケットは、トレンドのグリーンがインパクト大。ワンピース風に着こなしやすいシルエットです。ミニ丈のワンピースは愛らしく見えがちですが、こちらはベースがジャケットなので、ミニ丈でもスタイリッシュな出で立ち。足元に厚底サンダルを迎えて、ファニーな雰囲気も盛り込みました。

異素材ミックスで“クール&シック”に

 カジュアルなイメージのあるノースリーブも、つややかな素材とレイヤードで組み合わせれば、ドレッシーな印象が備わります。全体をダークカラーで落ち着かせると、一段とシックなムードで着こなせます。

 「ロク(ROKH)」のノースリーブジャケットは着丈が少し長く、マスキュリンな風情。ダークカラーの単色が大人度をアップしています。ドレスアップした装いに重ねても違和感のない羽織り物です。フロントを全開にして立体的なレイヤードを組み上げ、パテントレザーのボトムスが異素材ミックスを際立たせました。

 腕を見せるウエアでありながら、節度や気品を漂わせるノースリーブジャケットは、自在にアレンジしやすい点で、サマールックの頼もしい味方です。トップスに半袖Tシャツやブラウス、タートルネックなどを迎えれば、ムードをいろいろと変えてシーズンレスに着回しが楽しめます。爽やかにまとえる夏のうちから、着こなしレパートリーを増やし始めてみては。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら