ファッション

リアーナの“型破り”なマタニティーファッションが持つ影響力とは 5月に第一子誕生

 これまで9つのグラミー賞を受賞し、世界的影響力を持つ歌手でありつつ、ファッションやビューティブランドを持つ起業家でもあるリアーナ(Rihanna)。2022年1月にラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)との第1子を妊娠していることを公表して以来、クロップトップやシースルーアイテムを取り入れ、積極的にお腹を見せる斬新なマタニティーコーデで話題をさらっていた。海外メディアなどによれば、5月13日に出産したようだ。お腹をカバーするマタニティーコーデが主流だったことに対して、大胆に“魅せて”いくあり方を示したリアーナ流マタニティーファッションの影響力を考える。

 22年1月に、初めて大きなお腹で公の場に登場した際には、「シャネル(CHANEL)」のビンテージだというビビッドピンク色のダウンコートを前開きで着用した。複数のファッションECサイトからセールアイテムを一覧できるサービスを提供する「ラブ・ザ・セールス(LOVE THE SALES)」は、その後48時間でキーワードの検索数が、“ピンク ダウンコート”が312%、“パールネックレス”が81%、“ブルー ダメージジーンズ”が562%上昇したと発表した。

 パリ・ファッション・ウイークで「ディオール(DIOR)」のショーに参加した際は、同ブランドのシアー素材のベビードレスを選択。「オフ-ホワイトc/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」のトリビュートショーにも、同ブランドのレザードレスを着用して出席した。「ヴォーグ(VOGUE)」の4月号では、赤いレースのボディースーツを着て表紙を飾った。同ルックにより、2時間で“レース ボディースーツ”の検索数が191%上昇した。

 リテール業界の分析を行う会社エディテッド(EDITED)は、リアーナの“型破り”なマタニティーファッションは、ブランドや小売店が妊婦向けのベーシックなアイテム以外にも、「お腹の膨らみを強調するスタイルを販売する機会」を生み出していると述べる。同社によれば、すでにクロップトップの取り扱いは前年と比ベて1084%増加し、それに合わせてレギンスや体のラインが出るスカートの需要が増えていると言う。これらはY2K(2000年台のリバイバルファッション)のトレンドにインスパイアされたベビーTシャツや、ローライズのボトムスとも融合したトレンドになっている。

 ほかにも、肌見せを積極的に取り入れたマタニティースタイルの影響で、シアー素材の需要が増している。エディテッドによると、メッシュ加工が施されたトップスやドレス製品は208%増加。多くのブランドが、体のラインが出るシルエットだけでなく、袖部分や首元にシアー素材を取り入れた商品の開発に乗り出している。これまでヌードカラーやニュートラルカラーがマタニティーファッションの主流であったが、黒いマタニティーウエアの需要は6%減となった。一方、アメリカとイギリスにおけるマタニティー市場の8%で、グリーンが人気カラーのトップ8に食い込んだ。ワンピースやトップスにおいては、ピンクやブルーも人気だという。

 中でも注目なのが、ジーンズ業界への影響だ。すでに「ラジャンス(L’AGENCE)」「セザンヌ(SEZANE)」「ハッチ(HATCH)」といったブランドが、マタニティーのジーンズコレクションを展開。快適で伸縮性のあるレギンスは依然として定番アイテムであるが、エディテッドは、1月1日〜4月10日の期間中にマタニティー関連の小売りで販売されたボトムスの21%がジーンズだったと発表。前年の同期間中と比べ、マタニティージーンズの需要は25%増加したという。なお、同期間中におけるレギンスの需要は22%から20%に減少した。

 一方で、Z世代を中心に盛り上がりを見せるY2Kトレンドのアイテムが、マタニティーウエアでも人気となるかどうかについて、エディテッドはやや慎重な見解だ。「リアーナが妊娠を公表した時にはいていたローライズのバギージーンズはアイコニックだったが、まだ(妊婦の間で)普及はしていない。ストレッチ機能のあるスキニーでスリムなスタイルが、マタニティーファッション市場では依然として人気が高い。腰履きできるバギージーンズは実用的ではないかもしれないが、そのゆったりとした着心地がマタニティーウエアを新しい方向性に導く可能性を秘めている」と分析した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら