ビューティ

勢い増すセレブ発ビューティブランドブーム あのブランドはどこのメーカー?

 昨今、ビューティブランドを手掛けるセレブが続出している。グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)の「ギブ(GXVE)」からヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)のスキンケアライン「ロード(RHODE)」、リアーナ(Rihanna)の「フェンティ(FENTY)」まで、セレブのビューティブランドのローンチが絶えない。これらのブランドはセレブが一から作っているように見えるかもしれないが、インキュベーター企業や投資家、メーカーなどが裏でサポートしているケースがほとんどだ。ここでは、セレブのビューティブランドを裏で支える企業を一覧で紹介する。

 ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)のザ オネスト(THE HONEST CO.)はナスダックに上場し、ライトスピード ベンチャー パートナーズ(LIGHTSPEED VENTURE PARTNERS)やLキャタルトン(L CATTERTON)をはじめとする投資企業が出資。

 ドリュー・バリモア(Drew Barrymore)の「フラワー ビューティ(FLOWER BEAUTY)」はセレブコスメの先駆者の一つ。ブランドインキュベーター・メーカーのメイサ(MAESA)が製造する。

 クリステン・ベル(Kristen Bell)のCBDパーソナルケアブランド「ハッピー ダンス(HAPPY DANCE)」はCBDメーカーのクロノス グループ(CRONOS GROUP)の傘下として2020年にデビュー。

 ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)がこれからローンチするスキンケアブランド「ロード(RHODE)」はワン ラグジュアリー グループ(ONE LUXURY GROUP)をはじめとする投資企業が出資。

 ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)はビーチ ハウス グループ(BEACH HOUSE GROUP)とビューティブランド「フローレンス バイ ミルズ(FLORENCE BY MILLS)」をローンチ。ミリーは主導権を握り、ビーチ ハウス グループは少数株式を所有する。

 プリヤンカー・チョープラ(Priyanka Chopra)のヘアケアブランド「アノマリー(ANOMALY)」はメイサが手掛ける。

 カミラ・コエロ(Camila Coehlo)はビューティ・ライフスタイルビジネス「エラルズ(ELALUZ)」をラグジュアリー ブランド パートナーズ(LUXURY BRAND PARTNERS)とローンチ。

 シンディ・クロフォード(Cindy Crawford)の「ミーニングフル ビューティ(MEANINGFUL BEAUTY)」はガシー・レンカー(GUTHY RENKER)が手掛ける。

 ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)は初のフレグランス“アイリッシュ”を21年にパーラックス(PARLUX)とともにデビューした。

 ベッキー・G(Becky G)はインキュベーター企業のメイドバイ コレクティブ(MADEBY COLLECTIVE)と共にメイクアップブランド「トレスルーチェ ビューティ(TRESLUCE BEAUTY)」を手掛ける。

 レディ・ガガ(Lady Gaga)は19年にメイクアップブランド「ハウス ラボ(HAUS LABS)」をローンチ。ライトスピード ベンチャー パートナーズが投資している。

 セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)のメイクアップブランド「レア ビューティ(RARE BEAUTY)」はニッキー・エスラミ(Nikki Eslami)が投資している。ニッキーはニュー セオリー ベンチャーズ(NEW THEORY VENTURES)の共同創業者で、同社はグウェン・ステファニーの「ギブ」にも出資している。

 アリアナ・グランデ(Ariana Grande)のメイクアップブランド「R.E.M. ビューティ(R.E.M. BEAUTY)」はフォルマ ブランズ(FORMA BRANDS)が手掛ける。

 タラジ・P・ヘンソン(Taraji P.Hensen)はヘア・ボディーケアライン「TPH バイ タラジ」をメイサと共にローンチ。メイサは投資企業、ベイン キャピタル(BAIN CAPITAL)の傘下だ。

 パリス・ヒルトン(Paris Hilton)のフレグランスラインはパーラックス(PURLUX)が製造する。

 カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)の「カイリー・コスメティックス(KYLIE COSMETICS)」は世界で10番目に大きなビューティ企業、コティ(COTY)傘下。

 スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)は今年頭にスキンケアブランド「ザ アウトセット」をローンチ。ザ ナジャフィ カンパニーズ(THE NAJAFI COS.)が支援している。

 キム・カーダシアン(Kim Kardashian)のビューティブランド「KKW ビューティ」はコティ(COTY)が株式20%を所有する。

 ケシャ(Kesha)は19年にヒップドット(HIPDOT)とビューティブランド「ケシャ ローズ」をローンチ。

 マシン・ガン・ケリー(Machine Gun Kelly)のネイルポリッシュライン「アンダン ラッカー(UN/DN LAQR)」はブランドインキュベーターのアンリステッド ブランド ラボ(UNLISTED BRAND LAB)と作っている。

 アリシア・キーズ(Alicia Keys)はE.L.Fビューティ(E.L.F BEAUTY)と共にビューティ・パーソナルケアライン「キーズ ソウルケア(KEYS SOULCARE)」をデビューさせた。

 ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)の「Jロー ビューティ(JLO BEAUTY)」はガシー・レンカーと共同開発している。

 大坂なおみのスキンケアブランド「キンロ(KINLO)」はAフレーム(A-FRAME)、イニシャライズド キャピタル(INITIALIZED CAPITAL)、エンデヴァー(ENDEAVER)などの投資企業に加え、ビリー・ジーン・キング(Billie Jean King)やデジレ・グルーバー(Desiree Gruber)など個人投資家が支援している。

 グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)のビューティ・ライフスタイルビジネス、グープ(GOOP)はグレイクロフト(GREY CROFT)、ライトスピード ベンチャー パートナーズ、フェリックス キャピタル(FELIX CAPITAL)などの投資企業が出資。

 アディソン・レイ(Addison Rae)のメイクアップブランド「アイテム ビューティ(ITEM BEAUTY)」はメイドバイ コレクティブと共同開発している。

 セレブブランドの先駆者、リアーナ(Rihanna)は2017年に「フェンティ ビューティ(FENTY BEAUTY)」をローンチ。LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のケンドー(KENDO)事業部が手掛けている。

 トレイシー・エリス・ロス(Tracee Ellis Ross)のビューティブランド「パターン ビューティ(PATTERN BEAUTY)」はビーチ ハウス グループやザ ナジャフィ カンパニーズなどが支援する。

 グウェン・ステファニーは今年、ニッキー・エスラミのニュー セオリー ベンチャーズと共に「ギブ」をローンチした。

 ケイト・アプトン(Kate Upton)は投資企業のライオン キャピタル(LION CAPITAL)が支援するインキュベーター、ハッチビューティブランズ(HATCHBEAUTY BRANDS)とビューティ・ウエルネスライン「ファンド アクティブ(FOUND ACTIVE)」を手掛ける。

 ジョナサン・ヴァン・ネス(Jonathan Van Ness)のヘアケアライン「JVN」はバイオテクノロジー企業のアミリス(AMYRIS)が支援する。

 ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)はビューティ小売りのオンダ ビューティ(ONDA BEAUTY)を共同創設し、現在はアミリス傘下になっている。

 ロージー・ハンティントン・ホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley)の「ローズ インク(ROSE INC.)」はアミリスが支援。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら