ビューティ

キム・カーダシアンが自身の香水ブランドをリローンチ スキンケアも始動か

 キム・カーダシアン(Kim Kardashian)は自身のフレグランスブランド「KKWフレグランス(KKW FRAGRANCE)」を5月1日付で終了し、新ブランドをリローンチするとインスタグラムで発表した。キムは昨年7月に自身のメイクアップブランド「KKWビューティ(KKW BEAUTY)」を終了させており、フレグランス同様に新ブランドの始動を発表している。

 インスタグラムストーリーには「5月1日0時に『KKWフレグランス』を終了し、新たなブランドを始動する。同時に、あらゆるカテゴリーの製品が購入できる新しいECサイトも立ち上げる」と投稿。また「フレグランスは私にとってとてもパーソナルなもので、全てのボトルに心いっぱいの思いを注ぎ込んでいる。2017年に初めてローンチした“クリスタル ガーデニア”をはじめ、世に送り出した全ての製品を誇りに思う」という思いも綴った。

 7月にメイクブランドの終了を発表した時、「KKW」は「キム・カーダシアン・ウェスト」を意味することから、離婚した元夫のカニエ・ウェスト(Kanye West)の頭文字「W」をなくすためのリブランディングだと噂されていた。しかし業界筋はその説を否定し、「リブランディングは以前からキムが計画していたもの。革新的な処方だけでなく、彼女が作る全ての化粧品が1つのサイトで購入できるようになる」と話した。

 キムは昨年6月にコティ(COTY)とライセンス契約を締結し、自身が保有するビューティブランドの株式20%を譲渡した。リブランディング後には、新たにスキンケアも始めると予想される。ブランド終了まで、ウェブサイト上では「KKWフレグランス」の製品を40%オフで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら