ビューティ

キム・カーダシアンが自身の香水ブランドをリローンチ スキンケアも始動か

 キム・カーダシアン(Kim Kardashian)は自身のフレグランスブランド「KKWフレグランス(KKW FRAGRANCE)」を5月1日付で終了し、新ブランドをリローンチするとインスタグラムで発表した。キムは昨年7月に自身のメイクアップブランド「KKWビューティ(KKW BEAUTY)」を終了させており、フレグランス同様に新ブランドの始動を発表している。

 インスタグラムストーリーには「5月1日0時に『KKWフレグランス』を終了し、新たなブランドを始動する。同時に、あらゆるカテゴリーの製品が購入できる新しいECサイトも立ち上げる」と投稿。また「フレグランスは私にとってとてもパーソナルなもので、全てのボトルに心いっぱいの思いを注ぎ込んでいる。2017年に初めてローンチした“クリスタル ガーデニア”をはじめ、世に送り出した全ての製品を誇りに思う」という思いも綴った。

 7月にメイクブランドの終了を発表した時、「KKW」は「キム・カーダシアン・ウェスト」を意味することから、離婚した元夫のカニエ・ウェスト(Kanye West)の頭文字「W」をなくすためのリブランディングだと噂されていた。しかし業界筋はその説を否定し、「リブランディングは以前からキムが計画していたもの。革新的な処方だけでなく、彼女が作る全ての化粧品が1つのサイトで購入できるようになる」と話した。

 キムは昨年6月にコティ(COTY)とライセンス契約を締結し、自身が保有するビューティブランドの株式20%を譲渡した。リブランディング後には、新たにスキンケアも始めると予想される。ブランド終了まで、ウェブサイト上では「KKWフレグランス」の製品を40%オフで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。