ビジネス
連載 YOUTH

エド・オリバーとジェレミー・ベンケムンが「神経衰弱楽園」展で伝える「感情に浸る時間の大切さ」

 マルチアーティストのエド・オリバー(Edo Oliver)と写真家のジェレミー・ベンケムン(Jeremy Benkemoun)は、ビデオインスタレーション「神経衰弱楽園・Nervous Breakdown Paradise」展を新宿のギャラリー-1(gallery-1)で5月29日まで開催中だ。

 本展は3本のビデオ作品で構成する。それぞれ10分間の映像では、プライベートとパブリックの境界線が交差し精神崩壊する主人公の姿を映す。皮肉、悲劇、喜劇を織り交ぜながら「自分の周りが崩壊していく世界の中で、どうやって生き続けるのか?」「社会の混乱に私たちはどこまで壊れずに耐えられるのか?」という問いを投げかける。

 ベンケムンは、フランス・カンヌ出身。クィアアーティストとして、アイデンティティーやセクシュアリティを問う活動や作品を多数発表している。オリバーは、テキスタイルやパフォーマンス・アートを中心に、ジャンルを越え国内外で活動を行うマルチ・アーティストだ。両者は共に、“世の中の当たり前に違和感を問いかける”雑誌「IWAKAN」の編集に携わる。

 本展は、ベンケムンが2年前にメンタルブレイクダウンを経験し、「この辛さをクリエイティビティーに転換したい」という思いで企画した。写真作品をメインに活動する2人だが、ベンケムンは「辛さは、音やノイズに囲まれた方が伝わりやすくなる。閉じ込められた空間で、自分の世界に入り込める演出にした」と話す。

 オリバーは、「今の異常な世の中に対応できないことは当たり前。社会の流れはすごく速くて、自分の感情にゆっくり向き合う時間すらない。作品を通して、感情に浸る時間の大切さを伝えたい」という。

■「神経衰弱楽園・Nervous Breakdown Paradise」
日程:5月13〜29日
時間:木曜日 12:00〜18:00 / 金・土・日曜日 12:00〜20:00
定休日:月・火・水曜日
場所:gallery -1
住所:東京都新宿区新宿4-4-10
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。