ファッション

アイウエアブランド「ブラン」が原宿に初の直営店をオープン

 アイウエアブランド「ブラン(BLANC)」は、東京・原宿に初の直営店「ライト(LHITE)」を4月29日にオープンする。

 店舗名「ライト」は、フランス語の“BLANC”(白)と英語の“WHITE”(白)、“LIGHT”(光)を組み合わせた造語だ。ブランドのアイウエアをフルラインアップでそろえるほか、オリジナルのアイウエアアクセサリーを用意し、視力測定やフレームの調整・メンテナンスも実施する。内装デザインは、二俣公一が主宰するケース・リアルが手掛けた。手前から奥に広がるカーテン使いが特徴で、什器も淡いグレーを基調とした明るく気持ちの良い空間を目指した。

 オープンを記念し、2型の限定アイテムを発売する。それぞれ既存のコレクションにはない新しいフレームを使い、紫外線にあたることで薄いカラーから濃いカラーレンズに変化する調光レンズを採用した。

 「ブラン」は渡辺利幸デザイナーが2012年にスタートし、今年で設立10周年を迎えた。“ファッションアイテムとしての空気感”を大切にしている。2014年1月に「ケイスリー ヘイフォード(CASELY HAYFORD)」のランウエイショーで使用され、20年1月には「ダブレット(DOUBLET)」とのコラボレーションを発表。20年にはグローバルライン「ブラン(817 BLANC LNT)」をスタートしている。渡辺デザイナーは直営店について「訪れるたびに新しい発見があり、『あのお店に行けば何か面白いものがありそう』と、お客さまにわくわくしてもらえるような場所」を目指すとコメントした。

■LHITE
オープン日:4月29日
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-4
時間:11:00〜20:00(水曜定休)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。