ニュース

眼鏡「ブラン」が伊勢丹メンズで全メンズモデルがそろうポップアップイベント

 日本の眼鏡ブランド「ブラン(BLANC)」は、メンズの全ラインアップおよび限定モデルをそろえたポップアップイベントを伊勢丹新宿本店メンズ館2階メンズクリエーターズで開催中だ。昨年開催した前回の好評を受け、スペースを約3倍に拡大。1990年代のイギリスのミュージシャンなどをインスピレーション源とした2019年春夏コレクションと併せて、ガラス製のフラットレンズを使用した限定アイテムを販売している。価格は通常のコレクションが2万4000〜3万5000円、限定アイテムが3万〜4万円。

 渡辺利幸「ブラン」デザイナーは、「デザインコンセプトのベースは“現代的にニュートラルであること”。ガラス製フラットレンズを使用した限定モデルは、メンズのハイファッションマーケットを代表する伊勢丹新宿本店メンズ館だからこそ提案できたアイテムで、同レンズならではの視界のクリア感、反射した見え方の高級感を店頭で実感してほしい」と話した。6月2~3日は渡辺デザイナーが店頭に立つ予定で、「押し付けがましくない程度で、サングラスのコンサルティングを提案したい。セレクトショップへの卸販売を中心に行ってきたので、お客さまからの反応を直接感じることができる貴重な機会と考え、リアルな声を聞きたい」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら