ファッション

「アフタヌーンティー・ティールーム」が香港初出店 九龍の大型商業施設に今秋オープン

 サザビーリーグは香港・マカオにおける独占ライセンス契約を香港のティールーム社(Tearoom(HK)Limited)と締結し、「アフタヌーンティー・ティールーム(AFTERNOON TEA TEAROOM)」を今秋出店する。場所は九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)地区に開業する大型商業施設K11MUSEAで、香港への出店は初めて。

 K11MUSEAは香港とアジア地域でアート、カルチャー、リテールを融合した大型商業施設として、香港の商業施設デベロッパーのK11グループが今秋にオープンを予定する。「アフタヌーンティー・ティールーム」のほか、インターナショナルブランドが数多く出店する予定だ。

 香港初出店となる同店舗では、日本と変わらず“お茶とともに過ごす豊かな時間”をテーマに、紅茶と季節感溢れる彩り豊かなフードやスイーツを提供する。

 「アフタヌーンティー・ティールーム」は1981年に創業し、現在日本国内に87店舗を展開。過去に中国と台湾に出店したが、現在は閉店している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら