ファッション

【2024年猫の日】「アフタヌーンティー・リビング」と「キャッツ イシュー」が10回目のコラボ 食堂車の食器をイメージしたテーブルウエアなど発売

ライフスタイルブランド「アフタヌーンティー・リビング(AFTERNOON TEA LIVING)」は2月22日、猫好きのクリエイターによるプロジェクト「キャッツ イシュー(CAT’S ISSUE)」とコラボレートしたアイテムを「アフタヌーンティー・リビング」の店舗および公式オンラインストアで発売する。両ブランドのコラボは今回で10回目。シリーズ歴代のアートを使用したマルチファブリックL(7700円)やミニプレート10個セット(1万1000円)のスペシャルアイテムに加え、アクセサリートレイ(2420円)やレスト(各880円)、フラワーベース(4950円)などの復刻アイテムも登場する。

デザインは、猫たちが架空の列車アフタヌーンティー急行に乗って紅茶を楽しむ様子をモチーフに採用した。食堂車で使われている食器をイメージしたテーブルウエアは、マグカップやティーポット、ティーコージー、プレート3種、ティースプーン、抗菌カヤフキンなどをラインアップ。ほか、マルチフォンカバーやリール付きパスケース、ペンケース、ダイカットロールステッカー、パスポートケース、ブックカバーなどのステーショナリーアイテムも幅広くそろえる。価格は715〜5940円。

全ての商品がドネーションの対象となり、収益の一部は「キャッツ イシュー」を通して、動物愛護団体に寄付。保護された猫たちのために役立てられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。