ファッション

コットンの持続可能性とサステナブルなラグジュアリー素材を識者と考える【特集・サステナブルな素材とは何か?】

有料会員限定記事

 大量の水と土地を必要とする綿花栽培の見直しが求められている。水資源の枯渇に加えて、温暖化に伴う異常気象や、農薬や肥料の使用が農地に与える影響が大きくなっているからだ。世界的な人口増加にも対応するべく、食料生産とのバッティングまでを見越した原料調達が求められる日も近い。連載後編ではコットンは持続可能性とコットンに代わる素材とは何か、ラグジュアリー×サステナブルな素材を識者2人と考える。

WWD:植物由来であれば、育成時に光合成でCO2を吸収するから石油由来の繊維よりはサステナブルだという考え方があります。そもそも非可食部を活用していれば納得ですが、可食部を活用した場合、食糧生産とバッティングしますが、サステナブルといえるのでしょうか。

吉川久美子マテリアルコネクション東京代表取締役(以下、吉川):グローバル視点では「避けるべきこと」という認識が広がっています。非可食部の繊維などをバイオポリマーに使う動きは進んでいて、食料生産とバッティングせずに作ることができる材料が増えています。土地利用が必要な場合、麻などの生育が早いものが良いとされています。

この続きを読むには…
残り3280⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら