ビューティ

同質・同調社会が、多様な意思に目を向けるには?【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、多様性や包括性を自分ごと化するための話。(この記事はWWDジャパン2022年5月9日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
「ロクシタン」が豪クリーンビューティブランドを買収
“ファミマソックス”からレインボーカラーの新色 LGBTQ+支援団体に売り上げの一部を寄付

 「クリーンビューティ」という概念が米国で浸透しはじめていることを知ったのは、2018年のことだ。米国の「クレド ビューティ」という店舗とECの双方でクリーンビューティを扱うリテーラーのフレデリック・ベンキュー最高経営責任者は、「食の安全性に対する意識が美容にもうつってきている」と指摘。「消費者は、プロダクトやブランドの思想そのものと深くつながり、関わることを求めている」と美容関連イベントで話していた。

 この安全性への意識の高まりに加えサステナブル視点も加わり、現在のクリーンビューティトレンドが形成されている。最近ではカーボンニュートラルを実現した新興ブランドも出てきた。

 消費者の強い意志に動かされるように、大手美容企業は危機感を持ち、気候変動に対応するとともに有望な新興のクリーンビューティとの出資・業務提携、M&Aを盛んに行っている。今回のニュースにあげたロクシタンだけでなくクラランスやP&G、ロレアル、エスティ ローダー、ユニリーバ、韓国のLG生活健康などからのニュースは後を絶たない。

 日本でも若い世代は、学校の授業でSDGsを勉強し、サステナブルであるかどうかが自分たちの未来に大きく影響することを身をもって感じている。

この続きを読むには…
残り1297⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら