ファッション

「ドゥーズィエム クラス」が札幌店オープン 北海道初出店

 ベイクルーズグループの「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」は4月29日に、北海道初の店舗を札幌駅直結の商業施設、札幌ステラプレイス センター1階にオープンする。店舗面積は209平方メートル。入り口やカウンターにはアートやモダンな家具を配置し、クローゼットのような空間でブランドの世界観を演出する。

 オープンを記念して、「ハーレーダビッドソン(HARLEY DAVIDSON)」のユーズドTシャツにオリジナルプリントを施した同店限定商品(税込1万2980円)を販売するほか、税込3万円以上購入した人を対象にオリジナルのエコバッグをノベルティとしてプレゼントする。

 また5〜8月の期間は、同社の「アパルトモン(L’APPARTEMENT)」「APストゥディオ(AP STUDIO)」「デクーヴェルト(DECOUVERTE)」「ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス(MUSE DE DEUXIEME CLASSE)」、それぞれのポップアップイベントを同店で行い、「ドゥーズィエム クラス」のベーシックアイテムと組み合わせた新しいスタイルを提案する。

■「ドゥーズィエム クラス」札幌店
オープン日:4月29日
住所:北海道札幌市中央区北5条西 2-5 札幌ステラプレイス センター1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら