ビューティ

カエルムが新メンズビューティ誌「シアン マン」創刊 表紙はSixTONESの京本大我

 「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」や「ハイスノバイエティ ジャパン(HIGHSNOBIETY JAPAN)」などを運営するカエルムは、8周年を迎えるビューティ誌「シアン(CYAN)」から、メンズビューティ&ファッション誌「シアン マン(CYAN man)」を5月30日に発行する。第1号の表紙にはSixTONESの京本大我を起用した。

 「シアン マン」は、20〜30代の“カルチャーにこだわりを持つ男性たちに向けた、新しいビューティ誌”として、リアリティのあるメンズビューティを発信する。ビューティ、ヘア、読み物、連載企画を核に誌面を構成し、ビューティでは“明日から真似できる”ような、日常に溶け込むメンズビューティを提案。ヘアでは、トップヘアデザイナーによるトレンドのヘア情報を人気サロン情報と合わせて伝える。読み物企画では、ビューティアイテムの新作や季節にあった最新情報を掲載し、連載ではブランドの成り立ちや背景に迫る企画のほか、香水にフォーカスするコンテンツを用意する。ウェブサイトとソーシャルメディアでも最新情報を配信し、本誌との連動企画はもちろん、ウェブのみのオリジナル記事を配信する。

 また、8周年を迎えるビューティ誌「シアン」は4月25日発売号でリニューアルした。話題のモデルやインフルエンサーとタッグを組み、よりビューティに特化したコンテンツを増やした。「シアン」は1、4、7、10月の各30日、「シアン マン」は2、5、8、11月の各30日に発売し、価格はそれぞれ税込1320円。全国書店、美容室、ウェブ書店で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら