ファッション

バーニーズ ニューヨークが映画「キッズ」をモチーフにしたTシャツとNFTアートを発売

 バーニーズ ニューヨークは5月13日、映画「キッズ」をモチーフにしたTシャツを発売する。価格は半袖Tシャツが税込1万9800円、長袖Tシャツが2万2000円。

 「キッズ」は、写真家ラリー・クラーク(Larry Clark)が初監督した1995年公開のアメリカ映画。Tシャツのデザインは、同作のサウンドトラックアルバムのジャケット写真をベースとする。日本のアール・ティー エム ギャラリーが、新進のアーティスト集団ペイン(ト)キラーを起用し、クラーク公認のNFTアートを5点のみ製作。ドットの欠けている部分が異なるアソート作品である同NFTアートの一つを用いて、Tシャツを作った。背面には、キャストおよびスタッフの名前をプリントする。

 バーニーズ ニューヨークは4月27日にTシャツの発売を記念したウインドーディスプレーを実施し、5月13日にはNFTアートを店頭展示する。さらに顧客向けに4点を抽選販売する。価格は非公開。

 「キッズ」は、ニューヨークのストリートキッズのリアルな日常を描いた作品。当時19歳のハーモニー・コリン(Harmony Korine)が脚本を手掛け、エグゼクティブ・プロデューサーにはガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)が名を連ねる。ヒロインを演じたクロエ・セヴェニー(Chloe Sevigny)は本作を機にスターダムに駆け上がった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

独立系クリエイティブ集団が台頭、クリエイターの新潮流を見る

5月13日号は、クリエイターを取り巻く新潮流を特集します。昨年7月17日に発行した「U30 クリエイター」特集に続き、その最前線を追いました。

冒頭では独立系クリエイティブチームにフォーカス。「クリエイティブアソシエーション」「クリエイティブエージェンシー」など、独自のスタンスを掲げてクリエイティブの可能性に挑む集団です。彼らの狙いは、クライアントとクリエイターが対等な立場でものづくりに向き合え…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。