ファッション

ジャーナルスタンダードがラリー・クラークとコラボしたカタカナアイテム発売

 ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)は表参道店で10月6~22日、米国人写真家・映画監督のラリー・クラーク(Larry Clark)をフィーチャーしたエキシビションを開催する。代表作の映画「キッズ(KIDS)」の撮影現場で記録した未公開写真5点を使用し、プリントパーカなどの限定アイテムを販売。同作品に出演した俳優のレオ・フィッツパトリック(Leo Fitzpatrick)がキュレーションを担当した。

 パーカ(1万1000円)やTシャツ(5800円)、トートバッグ(1万2800円)、キャップ(3800円)、ライター(350円)、トランプ(2800円)、ポスター(3000円)などをラインアップ。パーカには、カタカナで「ラリークラーク」とプリントするなどユニークに仕上げた。また、ビンテージのデニムジャケット(2万4000円)とネルシャツ(1万2800円)に写真をプリントした少量限定のアイテムも用意する。

 エキシビション初日の6日は、一般客も招いて19~21時まで、レセプションパーティーを開催する。来場者先着200人にコラボナップサックと香川県の人気うどん店、一福の“らりーくらーくうどん”をプレゼントする。当日はレオ・フィッツパトリックも来店予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら