ビューティ

「シャネル」の全製品がそろうシャネル ビューティ ハウスオープン 一人一人に寄り添うサービスも

 「シャネル(CHANEL)」はこのほど、フレグランスとビューティのビジョンを体現する店舗、シャネル ビューティ ハウス(CHANEL BEAUTY HOUSE AT TOKYO)を東京・表参道にオープンした。最新アイテムから定番品まで全製品が幅広くそろえるほか、デジタルとフィジカル双方のサービスを融合し、五感を使い製品を楽しめるなど新たな次元のブランド体験を提供している。

 同店は1、2階で構成(延床面積は約150平方メートル)。1階はフレグランスやメイクアップ、スキンケア製品を自由に体験できる。そのほかメイクアップ製品をバーチャルに体験できる“シャネル トライ オン(CHANEL TRY ON)”やタッチアップの様子を動画で保存可能な“ビューティ レコーディングス(BEAUTY RECORD- INGS)”など、最新技術を駆使したツールを用意する。

 また、一人一人に合わせた30分の香りのコンサルテーションサービスや悩みやニーズに合わせたメイクアップサービスやアドバイス、メイクアップレッスンなど8種のビュー ティ エクスペリエンスをそろえた。体験するための事前予約や整理券の発行は、同店専用のユーザー アプリを通して行える。店舗で紹介した製品の情報はLINEで受信でき、そのまま公式サイトで購入もできる。

 2階はポップイン スペースで、ブランドの世界観に全身で浸れるインスタレーションを展開する。コンセプトは定期的に入れ替わり、テーマに合わせて外観も変化する。第1弾はエフォートレスビューティをコンセプトに、パステル カラーで統一された世界観を演出。コンセプトを体現する製品をそろえる。

フレグランス&ビューティおよびウォッチ&ファイン ジュエリーのアンバサダーに宮沢氷魚が就任

 日本におけるシャネル フレグランス&ビューティおよびウォッチ&ファイン ジュエリーのアンバサダーに、俳優・モデルの宮沢氷魚が就任した。アメリカ出身、東京育ちというグローバルな感覚を備えた宮沢は、フレグランス&ビューティおよびウォッチ&ファイン ジュエリーの魅力を体現するにふさわしい存在だという。宮沢は「歴史あるシャネルの一員になれたことをうれしく思う。自分にしかできない形で貢献して、シャネルの魅力を届けたい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら